もれなく「全国共通お食事券 ジェフグルメカード」 3,000円(年間6000円)が株主に!

2013年12月8日更新 view: 10 view

なんと太っ腹な会社なんでしょう。

3252 - 日本商業開発(株)

株主優待制度の新設に関するお知らせ

当社は平成25年11月21日の取締役会において、株主優待制度を新設することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。
1.優待制度新設の目的
株主の皆様からの日頃のご支援に感謝の意を表するとともに、投資対象としての当社株の魅力を高め、中長期的に当社の株式を保有していただける個人株主様の拡大を図ることを目的として、株主優待制度を新設いたします。
2.優待制度の内容
(1)対象となる株主様
毎年3月31日及び9月30日現在の株主名簿に記載された1単元(100株)以上の当社株式を保有する株主様を対象といたします。
(保有単元数に関わらず、株主1名様ごとに(2)の内容の株主優待制度を適用させていただきます。)
(2)優待の内容
1単元(100株)以上の当社保有株式を保有されている株主様に対して、
もれなく「全国共通お食事券 ジェフグルメカード」 3,000円
(年間6,000円)を贈呈いたします。 ( URL:https://www.jfcard.co.jp/ )
対象となる株主様
3月31日現在の株主様
(100株以上)
9月30日現在の株主様
(100株以上)
贈呈の時期
        6月下旬   12月上旬
金額     3,000円    3,000円
金額(年間合計)6,000円
(3)開始時期
平成26年3月31日現在の株主名簿に記載された株主様から実施いたします。
                                             以上

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20131121/8e2jrn/140120131121062963.pdf

ヤフーファイナンス掲示板では

2013/11/29 20:23

本日、業績予想・配当予想の修正が発表されました。
1株配当が 17.5円 → 27.5円に増配となりました。

従って、3月末の予想株価を次の様に変更します。

    (1株あたりの優待額 + 1株配当) / 5%
 = ( 60 + 27.5 ) / 0.05
 = 1750円

2013/11/22 22:50

円安デメリットの食材コスト上昇に
過当競争で決算ボロボロのゼンショーで
配当+優待利回り=1.5+1.8=3.3%
実績PBR:3.15倍
予想PER:232.34倍

同じ名証銘柄のJBイレブン (3066)で
配当+優待利回り=1.1+3.3=4.4%
実績PBR:1.51倍
予想PER:71.98倍

アベノミクスの円安で食材コスト上昇デメリットが大きい
外食系でも配当+優待利回りが4.5%程度ある。
予想PERが50倍以上の円安デメリット銘柄をファンダメンタルで
買っているとは思えないので優待狙いの個人が株価を支えている
と思われます。

(利回り5%とすると、株価は 1550円です。)
というのは説得力があります。

No.2382
強く買いたい

今後の株価推移予測

2013/11/22 11:29

今回の優待新設により、株価がじりじり上げて行き、
3月末の優待取りで、1550円を越えると予想します。

なぜなら、多くの優待銘柄では、優待+配当利回りが
5%を越えているからです。
(利回り5%とすると、株価は 1550円です。)

更に最新の四季報では、来期の1株益予想が 134円となっています。
この値が正しければ、株価 1550円でも割安と考えられます。

5月の決算発表時には、更なる上値を目指すのでは・・・?
投資は自己判断で。

No.2381
買いたい

年間6000円の優待で、株価2…

2013/11/21 22:31

年間6000円の優待で、株価288円上昇。
50%以上の株を持っている社長、ウハウハだな。
従業員 <13.6>連19名 単18名
会社の規模が小さすぎて怖いが、配当+優待の利益率は高い。

No.2379

Re: 14:00 IR 発表

2013/11/21 14:34

優待新設のIR発表前は1015円だったのが

発表後一時1320円まで上昇

コアラ様様やな(笑)(笑)(笑)

No.2378

14:00 IR 発表

2013/11/21 14:01

優待マニア集まれ

どんな会社なのか

会社概要


社名
日本商業開発株式会社 Nippon Commercial Development Co., Ltd.

設立
2000年4月7日

資本金
245百万円

上場証券取引所
名古屋証券取引所 市場第二部 [証券コード3252]

役員
代表取締役社長 松岡 哲也
専務取締役 永岡 幸憲 
常務取締役 西羅 弘文 
常務取締役 原田 博至
取締役    入江 賢治
取締役    西岡 卓志
常勤監査役 尾﨑 一義
監査役    清水 章
監査役    谷口 嘉広
役職員数
30名

取引銀行
三井住友銀行 船場支店/みずほ銀行 難波支店
三菱東京UFJ銀行 西心斎橋支店/りそな銀行 難波支店
関西アーバン銀行 本店営業部/紀陽銀行 大阪中央支店
摂津水都信用金庫 梅田支店/大阪信用金庫 本店営業部 他(順不同)

免許
宅地建物取引業 [国土交通大臣(2)第7373号]

登録
第二種金融商品取引業、投資助言・代理業 [近畿財務局長(金商)第184号]
一級建築士事務所 [東京都知事 第56464号]

加入団体
一般社団法人日本投資顧問業協会
特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター

登録商標

JINUSHIビジネス
JINUSHIファンド
JINUSHI

底地ビジネス
借地ファンド
借地ビジネス

事業内容
1. 不動産投資事業
2. サブリース・賃貸借・ファンドフィー事業
3. 企画・仲介事業

グループ会社
新日本商業開発株式会社 (不動産投資事業)
株式会社J (不動産投資事業)

内容
【URL】 http://www.ncd-jp.com/
【特色】テナントによる商業施設建設を前提に底地取得、売却益を狙う。「地主ファンド」も組成
【増益】商業用物件取得堅調で在庫は第1四半期末51億円に拡大(前期末35億円)。上期にREITや商社系私募ファンドへの売却進む。下期は「地主ファンド」向け増える。物件管理手数料も貢献し営業大幅増益。
【多様化】食品スーパー、ホームセンター向け主軸の物件取得は家電量販店向けなど多様化へ。定期借地権など法体系整い不動産値上がり狙える東南アジアへ進出検討。
【連結事業】不動産投資92(15)、サブリース・賃貸借・ファンドフィー5(26)、企画・仲介3(94)(2013.3)

会社四季報


JINUSHIビジネスの誕生

土地だけを貸して収入を得るという方法(借地)を使った不動産投資は、とても安全な投資手法です。借地は古くからある賃貸方式ですが、旧借地法下では「土地を貸すと返ってこない」という認識が強かったため、今まで不動産投資においてあまり利用されてきませんでした。

ところが1992年に借地借家法が制定されて、定期借地権制度が創設されたことで、事業用借地権という新たな賃貸方式ができました。

定期借地権制度では、あらかじめ決めた年数が経過すれば貸した土地は必ず所有者に返還されることを定めています。
当社は、その事業用借地権を利用した不動産投資手法をJINUSHIビジネスと名付けました。

. JINUSHIビジネスの特徴

事業用借地権は10~50年間の契約期間を定めることが可能で、当社の実績では20年のケースが多く、長期にわたる安定的な収益が見込めます。土地を賃貸している間にかかる経費は固定資産税と都市計画税だけです。

土地だけの投資ですので、追加投資は不要です。建物を保有してしまうと保守・修繕・改装などの追加投資がかかります。この、将来必要となる追加投資を正確に予想するのはとても困難なことです。

安定的な収益が長期にわたって見込め、追加投資のかからないJINUSHIビジネスは、不動産で資金を運用する方にとって、これ以上安全な投資手法はないと言えます。

HPより

http://www.ncd-jp.com/jinushi/index.html

株主になるには

3252 日本商業開発(株)
12月6日終値1,350円 前日比 -12(-0.88%)

1350円×100株=135,000円(手数料・税金別途)で証券会社で購入できます。

ちなみに配当は1株 17.5円です。

配当利回り1.296%
優待が年間6000円なので
優待利回りは4.444%

配当+優待利回りは5.74%

スポンサードリンク

2014年3月期は増配予想

14年3月期配当予想

13/11/29 14:00

[東京 29日 ロイター]
2014年3月期(2013年4月1日-2014年3月31日) 注) △は赤字
今回の予想 前回の予想
1株年間配当 (円) 27.50 17.50
1株Q2配当 (円)   0.00
1株Q4配当 (円) 27.50 17.50

*1Qと3Qに配当がない場合、2Qと4Qはそれぞれ中間配と期末配となります。

ちなみに配当は1株 27.5円になると!

配当利回り2.037%
優待が年間6000円なので
優待利回りは4.444%

配当+優待利回りは6.481%

投資は自己責任でお願いします。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ