今年はどうなる!?2014年の金価格を知るためのニュースまとめ

2014年1月9日更新 view: 451 view

昨年は高騰した金

金
photoBy: http://livedoor.blogimg.jp/dutdut/imgs/0/7/076f2d…

32年ぶりの高値更新。円建て国内金価格は5000円の大台に!
昨年11月中旬以降、約10円の円安で国内金価格は約500円上がり、32年ぶりに5000円の大台に乗せた。

金小売価格5000円突破 32年ぶりの高値
日経平均株価は続伸、円も2年半ぶりに89円台と円安が進む中、金価格も上昇を続けています。

しかし、今年の金は低調!?

悩む
photoBy: http://otonano-adhd.up.seesaa.net/image/362123881…
スポンサードリンク

金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く
米国経済がこれほどの回復を見せ、ドル高が予想される現在の状況においては、当分の間、金価格は低迷したままだろう。

2014年の金価格、1310ドルを予想
バークレイズは、2014年の金の価格について、1オンス=1310ドルになるとの見通しを示した。低金利の継続や中国の需要拡大といった要因がない限りは、金価格の一段の上昇は見込めない、と予想

金相場、昨年は13年ぶりの下落-資産保全手段として魅力失う
1月2日(ブルームバーグ):2013年の金相場は年間ベースで2000年以来13年ぶりの下落となった。投資家が金から先進国の株式に乗り換え、世界の株価 は4年で最大の上昇となったことが背景だ。

だからこそチャンスとみる人も

チャンス
photoBy: http://blog-imgs-56.fc2.com/p/u/e/puerl/chance.jpg

金アナリスト、過去1年で最も強気-大幅下落からの反発予想
金アナリストは過去1年間で最も強気姿勢を示している。年間ベースの金相場が昨年、1981年以降で最大の下落を示したことを受け、投資家が過去最高に近い水準まで積み上げていた売りポジションを減らすとの観測が高まっている。
「価格は深く沈めば沈むほど回復する際には勢いよく反発するだろう。現時点の現物需要は非常に旺盛だ」と述べた。

価格上昇期待が高まっている? 米国金貨販売量、回復の兆し
減少傾向にあった米国の金貨販売量が回復の兆しを見せている。価格上昇期待が強まっているのではないか。

一方で金貨は人気に

金貨
photoBy: http://www.mmc.co.jp/gold/products/img/img18-1.jpg

金貨の売上好調―2013年の金相場は13年ぶりの下落
金価格の低迷が続くなか、金貨の売上が急増している。2013年の金相場は13年ぶりに下落したが、小口の投資家やコレクターにとって、金の魅力は衰えていない。
現物需要は堅調で、世界各地の造幣局やコインショップでは、金が飛ぶように売れている。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ