postfixとdovecotで、バーチャルドメインでメールを受信、エラーメールも設定

2015年2月1日更新 view: 284 view
photoBy: http://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/03…

まずは前提条件

  • info@hoge.com は gmail に転送。
  • er@hoge.com は dovecotで受信して、メールソフトから受信

http://www.matomater.com/14908/

を設定してから設定すること。

postfix で 受信フォルダを設定

vim   /etc/postfix/main.cf

home_mailbox = Maildir/

すでに作ってあるユーザーの為にメールフォルダを作成。

また、今後ユーザーが作られたらフォルダを自動作成する設定。
username は、 er-host-sweet みたいな。

mkdir -p /username/Maildir/{new,cur,tmp} //メールアドレス追加時 1
chmod -R 700 /username/Maildir //メールアドレス追加時 2
mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

dovecot の設定

インストール

yum install dovecot

vim /etc/dovecot.conf

mail_location = maildir:~/Maildir

今回は er@hoge.net というメールアドレスを er-mntra というユーザーで受信したいのでユーザーを新規作成

useradd er-mntra //メールアドレス追加時3
passwd er-mntra //メールアドレス追加時4

メールアドレスを設定します。

スポンサードリンク

vim /etc/postfix/virtual

hoge.com anything
info@hoge.com your@gmail.com
er@hoge.net er-mntra //メールアドレス追加時5

再起動

postmap /etc/postfix/virtual //メールアドレス追加時6
service postfix restart //メールアドレス追加時7
service dovecot restart //メールアドレス追加時8

とりあえず、設定はここまで。
er@hoge.net にテストでメールを送信してみます。

メールが届かない場合

cd Mairdirで、中身のパーミッションを変更

chmod 777 tmp //メールアドレス追加時9
chmod 777 new //メールアドレス追加時10
chmod 777 cur //メールアドレス追加時11

サンダーバードの設定

メールクライアントソフトから受信してみる。
今回は送受信に暗号化をしていないので

vim /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

disable_plaintext_auth = no

サンダーバード

  • ポートは サーバー側で、iptables で 110番を開け、サンダーバード側で手動で110番をポート番号に指定。
  • 手動設定で行う。でないとエラーになる。POP3にする必要がある。
  • SSLは接続の保護なし

これで受信できるようになりました!

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

コロ助

web関連の記事や制作系の記事をどんどんまとめていきます。 宜しくお願いします!

ピックアップ

パソコン・ソフトウェア ランキング

5月28日 ( 日 ) にアクセスが多かった記事はこちら!