日本人初のポーカー世界王者、「勝利の極意は株式投資や会社経営と同じ」 --木原直哉さん

2013年6月8日更新 view: 6 view
1 :匡紀 : : 2013/06/07(金)
2012年6月、米ラスベガスで行われたポーカー世界選手権の「ポット・リミット・オマハ
/シックス・ハンデッド」という種目で優勝した木原直哉さん(31)。獲得した賞金は
約51万ドル(約5100万円)。世界選手権で日本人が優勝したのは史上初めて。東京大学
理学部を卒業し、プロポーカー師の道を本格的に歩み始めて2年目の快挙だった。

■「不利な局面はじっと耐えてマイナスを最小限に抑え、有利な局面でチャンスを逃さずに
 大きく勝つのが極意。ポーカーは株式投資や会社経営と同じ」

■「焦ってもダメ。カーッと頭に血が上ったらもっとダメ。どんな状況でも、いつもと
 変わらない平常心でプレーし続けることが大切。クセが出ないように心がけている」

■「アマチュア相手なら負けることはない。1週間単位の勝負なら運に左右されることはあるが、
 1カ月単位ならば絶対に勝てる。勝負は運頼みではなく、力量差が必ず出るもの」

こんな興味深い持論が次々と口をついて出る。

今回は、世界王者の栄冠を手にした木原さんに、「確率論を駆使し、リスクに見合うリターンが
期待できなければ勝負を避け、リスクに見合うリターンが期待できれば大胆に勝負する」という
ポーカーの戦術論のほか、世界の頂点に登り詰めた決勝の模様や日常生活、なぜプロポーカー師に
なったのかなど過去の経緯について語ってもらった。オンビジネス、オフビジネスの様々な場面で
役に立つことが多そうだ。

?※中略?

ポーカーというゲームは、自分の手札が良くなければ「降りる」のが原則。

例えば参加者が8人なら、勝てる確率は単純に8回に1回しかない。だから、確実に勝てる場面を
どう見定めるかが重要になる。しかも、その回だけ相手に勝ってもあまり意味がない。最終的に
チップ(賭け金)を相手よりいかに多く獲得するかで勝負が決まるからだ。

■投資や会社経営と同じマネジメント

このため、「悪い手札の時にマイナスをいかに少なくし、良い手札の時にプラスをいかに多くするか
というリスク管理と勝機の見極めが大切」と木原さんは説く。つまり、投資や会社経営と同じマネジ
メントの勝負なのだ。

※まだまだ続きますが、割愛します。全文はソース記事をご覧ください。



http://www.nikkei.com/article/DGXZZO55819090U3A600C1000000/?dg=1
8 :ゆき : 2013/06/07(金) 17:03:28.15
株式の方が儲かる。
10 :泰 : 2013/06/07(金) 17:07:24.81
なんだ結局学歴か
まともなことしか言ってない
11 :真梨子 : 2013/06/07(金) 17:07:27.51
ハッタリポーカーで勝てるとは凄いな。
ポーカーフェイスが出来て何ぼの世界。
ビギナーズラックじゃなければ尊敬するわ。
12 :若葉 : 2013/06/07(金) 17:10:58.31
>「不利な局面はじっと耐えてマイナスを最小限に抑え、有利な局面でチャンスを逃さずに
> 大きく勝つのが極意。ポーカーは株式投資や会社経営と同じ」
抽象レベルなら麻雀だって格闘技だって、それどころか園芸だって同じだろう
15 :由実 : 2013/06/07(金) 17:15:39.91
東大を10年掛けて卒業って凄いな
18 :英里香 : 2013/06/07(金) 17:19:34.76
賞金が思ったより少ないね
去年の年末にやってた世界大会の優勝者は約7億円だったはず
大会の主催者が違うのか
22 :亘 : 2013/06/07(金) 17:58:54.86
名言だな

人生というゲームは、自分の生まれが良くなければ「降りる」のが原則か
24 :安志 : 2013/06/07(金) 18:03:05.00
温室ではこういう理論が通用するんだよな
でもさすが東大、官僚にぴったし
25 :くるみ : 2013/06/07(金) 18:04:49.20 発言回数 : 2 回目
勝負事にしろビジネスにしろ
チャンスやピンチは偶然
それにピッタリ当てはまる対策があるかどうかも偶然
ただその偶然当てはまる対策を幾つ持ってるかは経験や知識や能力による
対策を使うかどうかは決断力や観察力
局面で行くか引くかは想定してれば難しくない
想定できない事態なら頭の回転速度が問われるかな
ベンチャー企業やってるから優れたベンチャー経営者にはたくさん出会うが皆決断が早いし備えてるし何より決断場面を楽しんでる
28 :くるみ : 2013/06/07(金) 18:31:21.19 発言回数 : 3 回目
生まれがどうだ育ちがどうだ なんて考えてるのは「暇」なだけ
一秒前以前は過去であり学ぶべき経験
一秒後以降は未来であり観察し決断し行動する場面
生まれや育ちがどうだろうと今は今 現実を受け入れ未来に向かうだけ
過去を悔やみすぎるのは時間の無駄
大統領だろうが浮浪者だろうが時間は戻せないし有言

不死不老なら悩み続けても無駄ではないけどね
34 :康博 : 2013/06/07(金) 19:00:27.15
参加料が数百万で
一週間以上拘束されるのがポーカーの大会だから
間違ったことは言ってないよ
38 :くるみ : 2013/06/07(金) 19:11:35.70 発言回数 : 4 回目
まあ日本人つうか黒目でよく勝ったよ
目に映ったカードを見るのは常套手段だからな
黒は見易い
期待値とかだけではない 癖や目など観察力を最大限にして何日も戦う精神持久力が問われる
マラソンしながら頭脳回す訓練とかやってるよ
案外体力が大事
ちなみにこういう大会で活躍するとGSとか投資系からスカウトくる
ポーカー出身で活躍してるトレーダーはけっこういる
43 :周子 : 2013/06/07(金) 20:09:44.15
なんかマンガの見過ぎで一発大勝負のレイズみたいなアホが湧くのは仕方がない
何百、何千ゲームもするのがポーカーの大会だから
一回の勝負にそんなにマンガみたいなことしている場合じゃない
相手の顔色なんて見てもないよ
瞳を覗くなんて赤面もいいところ
46 :健登 : 2013/06/07(金) 20:36:33.19
人生謳歌してんな
52 :那奈美 : 2013/06/07(金) 23:33:37.03
思えば小学生の時、ロイヤルストレートフラッシュになった事がある。
あれで運を使い果たしたのかな。
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ