頭が痒い!洗い方ひとつで痒くならない方法

2014年6月3日更新 view: 90 view

好きな香りのシャンプー肌に合わないでも洗い方で痒くならない!

私が好きな香りのシャンプー洗い方を変えたら痒くならなかった!

いろいろ調べました。
結論から言うと洗い方に問題がありました!
頭皮の痒みは炎症だったようです。
それで私は直にシャンプーを地肌につけないで
先ずは後ろの髪につけて泡立てました。
それから、両サイドの毛先に泡立てて、全体の毛先だけ泡泡させて、それから頭皮に泡をつけて指の腹でマッサージするように洗いました。
洗い流す時もしっかりと毛先と頭皮と洗い流しました。

トリートメントもシャンプーと同じ方法で

毛先につけます。それからなるべく頭皮にはつかないように洗います。

毛先にはたっぷりトリートメントをつけて洗います。全体にトリートメントが行き届いてすぐ洗い流さずに少し時間を置いてから洗い流します。
髪に浸そうすると香りもしっかり残ります。
洗い流す時もしっかり洗い流します。
しっかり洗い流しても時間を置いたので香りはしっかり残ります。
トリートメントの残り香を残したいと軽く洗い流す程度では髪にはよくないのでしっかり洗い流してます。

スポンサードリンク

シャンプーをするとき毛先から泡立てる。頭皮は最後に泡の濃度が薄くなってからつける。


毛先、頭皮共にしっかりと洗い流す。
残り香を残したいからと軽く洗い流すと毛穴にシャンプー、トリートメントが入って炎症のもとに。

頭皮は指の腹を使って頭皮マッサージするように洗います。

トリートメントは毛先だけ。乾燥が気になる時はたっぷり使ってもOK!毛先全体にトリートメントをつけたらしばらく放置。すぐに洗い流さない。

でも洗い流す時はしっかりと洗い流す。

ブラシを使って洗わないこと。ブラシで頭皮が傷つくと炎症のもとに。傷口に炎症を起こすと痛痒くなります。

スポンサードリンク

関連カテゴリ

Samyu Homitsu

ライター歴11ヶ月

ピックアップ

美容・ビューティー ランキング

11月19日 ( 月 ) にアクセスが多かった記事はこちら!