coffeescript の書き方応用編

2014年9月5日更新 view: 13 view
photoBy: http://www.unixstickers.com/image/cache/data/stic…

coffeescriptをマスターしよう

coffeescriptを使うとjavascriptを圧倒的に簡単にかける。
僕が使った感想と書き方をまとめる。

classの継承が凄まじく便利

今までjavascriptで色々アプリを作ってきたが、ソースがごちゃごちゃになった。
ただ、coffeescriptで書くとclass継承ができる。
あとで見てもエラー部分がわかるので便利。

カッコがなくてもかけるのが超便利

今までは

スポンサードリンク
console.log(data);

と書いていたのが

console.log data

で良くなる。
このカッコのキーボードの位置がブラインドタッチ的にやりづらい所にあるので、
カッコを書かなくても良いのはコーディングが速くなる。

一度coffeescriptを使うとヤミツキに。素のjavascriptなんて使えない!

応用の書き方をまとめてみる

もちろん、jqueryは読みこんである状態で。

指定要素 #thread a をクリックしたら hoge

$(document).on "click","#thread a",(e) ->
    alert "hoge"

this は @ で置き換えられる

$(@).attr("href")

無名関数もわかりやすい

imguploadを実行すると 任意のデータを alert

imgUpload = (img) ->
    alert img

で実行するには

imgUpload ”任意のデータ”

全て基本の書き方になってしまったが・・・。
とにかく使いやすい。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

コロ助

web関連の記事や制作系の記事をどんどんまとめていきます。 宜しくお願いします!

ピックアップ

パソコン・ソフトウェア ランキング

6月25日 ( 火 ) にアクセスが多かった記事はこちら!