過去の総選挙と株価推移。買いで入ればまず、勝てる。

2014年11月19日更新 view: 21 view
https://pbs.twimg.com/media/B2tpMoaCEAAoLJr.jpg
 

増税延期と、解散

なんで増税を延期するのに解散するのか?

安部総理 「増税したらみんな怒るんで1年延期します」

国民 「え?今更何をいってんの?」

安部総理 「じゃあ一回解散して選挙しますから、消費税延期にも賛成してくれるなら投票してね」

ということで解散するわけですね。

過去の解散と株価

2000年 6月2日 神の国解散 第 1 次森

解散された年が2000年であったことから「ミレニアム解散」、「神隠し解散」「森隠し解散」(民主党・鳩山由紀夫)、「逃げまくり解散」(社会民主党)などの呼称も提唱されたが、「神の国解散」と呼ばれるのが一般的であった。

2003年 10月10日 国政初のマニフェスト選挙

2005年 8月8日 郵政解散

郵政民営化関連法案の参議院否決を受けて、衆議院を解散。
記憶に新しい小泉総理の郵政民営化ですね。

2009年 7月21日 バカヤロー解散

解散決定の閣議は、26分間の短時間で終了し、全閣僚が解散の閣議書に署名した。
閣議の中で、首相は、「未来に向かい安心で活力ある社会を責任を持って実現しなければならない。
国民のさらなる理解と協力が必要だ。解散を断行して、国民の信を問うことを決断した」と表明した。

2012年 11月16日

野田首相は、14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に次期通常国会での議員定数削減と、それまでの議員歳費削減の確約を得られれば「16日に解散してもいいと思っている」と提案。これに対し自民党は14日夕に幹部会合を開き、受け入れる方針を決めた。石破茂幹事長は記者団に「わが党として首相の発言を誠実に受け止め、協力する方針を決定した。手法は今後話し合う。
野田首相が16日に解散すると明言。

じゃあ今回はどれに近いの?

郵政解散に近い気がします。
まず、第一に経済関連がそれしかない。
自民党の支持率もそれに近いんじゃないでしょうか。

株価は 投票日から開票日、また開票日より1ヶ月後に続き上がり続ける傾向

15年10月に予定されていた消費税率の10%への再増税を17年4月に延期することを決断し、衆院を21日に解散すると表明した。
総選挙は12月2日公示、14日投開票の日程で行われる。

つまり、11月21日に買いで入り、12月14日に売り。もしくは1月14日に売りで期待値的には必ず勝てます。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ