『吉川晃司』バイク練習中に転倒全治2ヶ月・・・左足くるぶし骨折もライブ強行

2015年3月11日更新 view: 226 view

吉川晃司 左足くるぶし骨折もライブ強行 バイク練習中に転倒…全治2カ月

歌手・吉川晃司(49)が3日に都内で中型オートバイの運転を練習中に転倒し、
左足関節外果骨折で全治2カ月の重傷を負っていたことが6日、分かった。
5日夕に都内の病院で患部を固定する手術を受け、6日にはZepp Tokyoでライブを予定通り敢行。
ファンに「骨が1本折れたぐらいで、不治の病を宣告されたわけじゃない。
一度骨が折れた場所は強くなる。次へのステップだ」と吉川節全開で“不死身”をアピールした。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150306-00000088-dal

手術から約24時間後。ライブ冒頭、「足を骨折しました。
でもビスをいっぱい打って固定したので大丈夫。昨日の今ごろは手術室にいた」
と会場を埋め尽くしたファンに明かすと、どよめきの声があがった。

吉川は「ギリギリで攻めているから、骨1本くらい折れる。
皆さんもこんな珍しいコンサートはないよ」と明るく笑った。

関係者によると、吉川は3日、都内の駐車場を貸し切って中型オートバイ運転の練習をしていた際、誤って転倒。
左足首がバイクの下敷きになった。

練習は、将来の仕事に役立たせることが目的だった。
自動二輪の免許は高校時代に取得していたが、最近は乗る機会もなかったという。

すぐに都内の病院で検査を受けたところ、左足くるぶしにヒビが入っていることが判明。
4日の精密検査では、骨が完全に折れ、左足関節外果骨折で全治2カ月で手術が必要と診断された。
すぐに入院し、5日夕、患部をボルトやプレートで固定する手術を受けた。

スポンサードリンク

本来なら絶対安静だったが、
「6日のライブには地方から来る人もいる。ドタキャンはしたくない」
との思いから医師と相談。
痛み止めの薬を飲み、患部に負担をかけないように、左足はイスにヒザを置き、
“片足立ち”のようなスタイルで、最後まで立ったまま歌い切った。

今後のツアー開催は、経過を見ながらになるが
「命の次に大切なシンバルキックが蹴られない」と超人らしいコメントをしていた。

吉川は1991年6月、ライブ中にスピーカーからステージに飛び降りた際、
右足の踵(かかと)を骨折し、全治6週間のケガを負ったことがある。
この際は、足がしびれた状態でライブを最後までやり通したという“伝説”が残っている。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

にゃんちゃん

とりあえず宜しくです。

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

12月13日 ( 金 ) にアクセスが多かった記事はこちら!