沿え物の王様ショウガの効能と料理

2018年11月29日更新 view: 96 view

ショウガ

ショウガ(生姜、生薑、薑。学名はZingiber officinale)はショウガ科の多年草であり、野菜として食材に、また生薬として利用される。

日本には2-3世紀ごろに中国より伝わり奈良時代には栽培が始まっていた。

生姜は温暖な土地を好み、生育には18~20℃くらいが適しています。乾燥に弱い性質をもち、世界では東南アジア、アフリカ、中米など、温暖湿潤な地域での栽培が盛んです。日本の生鮮生姜の輸入量は約19,000トン。うち9割を中国産が占め、次いでタイ、インドネシアなどが続きます。熱帯地方では、秋に花を咲かせますが、日本では残念ながら生姜の花はあまり見ることはできません。

スポンサードリンク

生のショウガを100℃以下の温度で加熱したり、蒸したりすると、生のショウガに含まれる水分のほか、ジンゲロールから水分子が外れて徐々に、より辛みの強いショウガオールという成分に変わってきます。
 このショウガオールは、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を胃腸部分に産生させて心臓からの血液の拍出量を増やすとともに、腹部の血行を高めるため、身体を芯から温めます。

ショウガを添える料理

肉類の臭み消しに昔から重宝され、肉料理、肉由来のダシを使うもの、もつ煮込み等に重宝されています。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

ゴールドライターン

おもしろいこと、楽しいスポーツ、最新のIT情報・ツールが大好き、そして、猫が大好きな不思議系システムエンジニアです。おもしろ情報や、ちょっとマニアックな雑学情報等まとめていきます。

ピックアップ

料理 ランキング

12月13日 ( 金 ) にアクセスが多かった記事はこちら!