禁煙は肌年齢を低下させます!

2015年8月12日更新 view: 40 view
http://news.selfdoctor.net/wp/wp-content/uploads/2014/02/%E7%A6%81%E7%85%99.jpg

タバコを吸っているうちは美肌になれない!?

ここからは女性必見の情報です。
女性なら少なからず、美肌・美容に関心がありますよね。

残念なお知らせですが、タバコを吸っているうちは美肌になれません…。
知り合いの専門家にお話を聞いたところ、「顔を見ると喫煙者・非喫煙者か、大抵分かる」とおっしゃっていました。
また、美容関係の友人は「エステに行っても、タバコを吸っていると効果が薄れちゃうんだよ」と。

具体的な話をすると、タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が関係しています。
ニコチンは毛細血管を収縮させる作用があるため、血の巡りが悪くなります。
よく、血色が良い・悪いと言いますが、血の巡りが悪くなるので顔色にも影響が出ます。

また、タバコの煙自体が女性ホルモンの分泌を抑えてしまいます。
さらに、細胞を傷つける活性酸素の発生が促されます。
しかも、活性酸素と戦うビタミンCはタバコを吸うことに消費されてしまいます。
たった1本で約25mgのビタミンCが使われます。
サプリメントなどで意識的にビタミンCを摂っても、タバコを吸うたびに減ってしまうので意味がありません。

タバコの煙が影響する女性ホルモンも、消費されるビタミンCも、美肌には欠かせない存在です。
新陳代謝や弾力に関連しているため、肌に影響を及ぼします。
そうして肌が荒れてしまうと、当然のごとく化粧ノリも悪くなります。

年齢を重ねると起こる肌トラブルの「くすみ」も、タバコの影響が関係しています。
血行不良がくすみの原因であるため、血流を悪くするタバコが原因とも考えられます。
若いうちから喫煙していても、まだ諦めるのは早いです。
20代のうちに禁煙できると、くすみが消えることもありえるそうです。
30代以上でも、禁煙することで今後の肌状態に変化が生まれます。

スキンケアやエステ、徹底的に美容を意識しても変化がない場合は、タバコに原因があるかもしれません。

禁煙外来

自分で禁煙できない場合は禁煙外来へ行きましょう!

スポンサードリンク
http://www.akasaka-medicalcare.com/lp02/img/01.png
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

土屋

よろしくお願いします。

ピックアップ

美容・ビューティー ランキング

6月27日 ( 火 ) にアクセスが多かった記事はこちら!