今年の最後のお勤め!!大掃除はお早めに!

2015年12月5日更新 view: 450 view

大掃除は段取りで決まり!

matomater-original
matomater-original

大掃除のコツ1 まずはプランをたてましょう

1) まず、おそうじをする場所としない場所を決めます。

2) おそうじをすると決めた場所ごとに、どのような方法で、
おそうじをするかを考えます。

3) 誰がどこを担当するのかを決めます。

4) おそうじする日を決めて、カレンダーなどに書き込みます。
複数でおそうじする時は、「担当者名」と「おそうじする場所」を記入します。

大掃除のコツ2 洗剤や掃除道具が揃っているかチェックしましょう



必要なものは事前に確認して揃えておきましょう。

大掃除のコツ3 当日おそうじする前に

1) おそうじをはじめる前に、おそうじの仕方など、段取りを確認します。

2) 洗剤や用具をおそうじする場所へセットしておきます。

効率の良いおそうじとは?

1) 湿布やラップで
キッチンなどの油汚れはこってりとしていて、ブラシでこするとかなりの重労働。
そんな汚れにはキッチンペーパーや台所用ラップなどで汚れた箇所を湿布。
湿布している間に別の場所をおそうじすれば、時間の短縮にもなります。
最後に硬く絞ったぞうきんできれいに拭き取ってください。

※こびりついた汚れが塗装にくっついてしまい、汚れを取ることによって、
塗装も一緒にはがれる場合がありますので、注意してください。

2) 洗剤の特性を知って使いこなす
たとえば、キッチンの頑固な油汚れなら、アルカリ性の洗剤で落とす。
ガスレンジのこげつきはクレンザーで。
トイレの黄ばみには酸性タイプの洗浄剤を使う。
という具合に、汚れの種類や状態によって使う洗剤が変わってきます。
ただし、どんな汚れでも、ついてすぐなら落とすのは簡単。
だから水拭きや中性洗剤でOKという軽い汚れにいきなり強力洗剤を使う必要はありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

のんびりぷーちゃん

始めたばかりだけど宜しくお願いします。

ピックアップ

生活・ライフスタイル ランキング

9月19日 ( 火 ) にアクセスが多かった記事はこちら!