巡ってみよう!!一度は行ってみたい大分の離島

2016年10月22日更新 view: 27 view

大分には数々の離島があるのをご存知ですか。
ぜひ、この機会に訪れてみてくださいね。
美しい景色に癒されますよ!!

姫島

matomater-original

姫島は、古事記によると伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の二柱の神が「国生み(くにうみ)」にさいし、大島を生み、次に女島を生むとあります。この女島が姫島で、またの名を「天一根(あまのひとつね)」といいます。  古歌にも「姫島のあたりにならぶ島もなし、うべもいひけり天の一つ根」と歌われているところです。
また、日本書紀によると垂仁天皇の御代、意富加羅国(おほからのこく)(今の韓国南部)の王子、都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)が白い石から生まれた姫と結婚しようとしたが、姫はそれを逃れ、海を渡って姫島に上陸し、比売語曽(ひめこそ)の神となったといわれ。姫島の名の由来はここから始まります。

http://bit.ly/2esn74r

観光スポット

拍子水温泉

matomater-original

拍子水温泉は、姫島七不思議のひとつ拍子水(炭酸水素塩冷鉱泉)を活用したもので、高血圧症、慢性皮膚病、神経痛、疲労回復等に効能があります。また、飲用すると、慢性消化器病、糖尿病、肝臓病等に効能があります。拍子水温泉は、源泉に温水を加えた温泉(41℃前後)と源泉(24.9℃)の2種類を利用することが出来、村内外の多くの人に利用されています。

http://www.millennium-roman.jp/spots/detail/263

観音崎

matomater-original

観音崎の断崖は、高さ40m、東西120mに屹立しており、この断崖は全て黒曜石で出来ています。 露天の黒曜石は珍しく、日本には北海道の十勝と、ここ姫島の観音崎にしかありません。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuokadeasobitai/himeshima_sennindou.html

姫島海水浴場

matomater-original

島内で一番美しく、広さも最大の砂浜です。弓状に弧を描く500mの海岸線は澄んだ海とマッチして美しい景観です。

http://www.himeshima.jp/kanko/beaches/index.html

無垢島

matomater-original

港から約16kmの豊後水道に浮かぶ、椿アイランド無垢島。大分県下にある7つの人が住む離島のうちで一番小さな島ですが、豊かな海の幸に恵まれている島です。

http://www.city.tsukumi.oita.jp/site/kanko2/1538.html

観光スポット

島の景色

matomater-original

県内はもとより、県外からの釣りファンも多い島。旅客船をチャーターしてのクルージングも可能です。
自然豊かな海岸での海水浴やキャンプ、磯遊びも楽しめます。最近では、恐竜が生息していた頃の貴重な化石などが発見され、また、周囲に光源が少ないことから、天体観測も注目を集めています。

http://oitasima.net/mukushima/index.html

保戸島

matomater-original

津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ島で、周囲4km、面積0.86k㎡、 人口約900人。明治中頃に始まったマグロ漁業で、現在も日本各地でマグロを水揚げしています。

http://tsukumiryoku.com/publics/index/109/

観光スポット

瀬の浜

matomater-original

石浜のこぢんまりとした海水浴場。水質がよく透明度も高いため人気がある。前面に浮かぶ尊之島へは泳いで渡れる。海岸付近の洋上でシーカヤックやシュノーケリングで海の景色を楽しめる。

http://www.jalan.net/kankou/spt_22306cb3490058697/

高甲岩

matomater-original

保戸島には美しい自然海浜「瀬の浜」や奇岩「高甲岩」があります。潮風を感じながら浜辺を散歩してみませんか?美味しい料理と自然豊かな保戸島に日頃の疲れが癒されること間違いなしです。

http://oita-tomato.net/?p=410

加茂神社

matomater-original

島の守護神として京都上賀茂神社から別雷神(わかいかずちのかみ)が勧請された。天文4年(1535)の創始と伝えられる。

http://oitasima.net/hotojima/index.html

大入島

matomater-original

海岸部は様々な岩礁や砂浜が連なり、海上公園の観を呈する。又周囲の道はサイクリングに適している。

http://oitasima.net/ohnyujima/index.html

観光スポット

カンガルー広場

matomater-original
スポンサードリンク

オーストラリア、グラッドストン市との友好の証としてオープンした広場。広場内にはグラッドストン市の彫刻家ポール・アダムソン氏の手によるブロンズ像「寝そべるカンガルー像」や、アボリジニーアートが描かれたトーテムポール、オーストラリアの木々がみなさんをお待ちしています。

http://oitasima.net/ohnyujima/index.html

大入島食彩館

matomater-original

里の駅「大入島食彩館」では、島で取れた旬の素材を中心に、特産品作り体験や食事をご提供する施設です。

http://www.yappa-saiki.sakura.ne.jp/saiki-kankou/kou/b/cat44/post-8.html

神の井

matomater-original

神武天皇が、東征の途中に立ち寄ったと伝えられる佐伯市大入島の日向泊。今でも清水が湧く「神の井」があります。

佐伯湾に浮かぶ大入島の北端近くに位置する日向泊に、「神の井」はあります。神武天皇東征のみぎり、大入島の日向泊に立ち寄り、島に水がないことに心痛され弓矢で海岸を掘ると、この清水が湧き出したという故事が伝えられています。

昭和63年に、大分県の「豊の国名水」のひとつに選定されました。

http://www.yappa-saiki.sakura.ne.jp/saiki-kankou/miru/cat52/post_118.html

大島

matomater-original

大島(おおしま)は、大分県佐伯市の豊後水道に浮かぶ島である。他に多数ある大島と区別して豊後大島(ぶんごおおしま)とも呼ばれる。


http://bit.ly/2ehk6H9

観光スポット

アコウの樹

matomater-original

大分県の天然記念物に指定されている大島のアコウ。樹齢400年を超える大樹。

http://oitasima.net/oshima/index.html

深島

matomater-original

深島は島民約20名(ネコは約80匹)周囲約4キロの小さな離島です。
日本の中でサンゴが見られる最も北の地と言われています。
九州本土から比較的近くに位置していながらも豊かな自然が広がり、
島全域が国定公園に指定されています。
ダイビング・フィッシング・海の生き物の観察・・・
そこには様々な海の遊びが待っています!
家族からお友達グループまで思う存分海遊びがお楽しみいただける場所です。

http://fukashima.com/%e6%b7%b1%e5%b3%b6%e3%81%a8%e3%81%af.html

観光スポット

スキューバダイビング

matomater-original

深島は、日本でサンゴが見られる北限の地。色鮮やかなサンゴの間を、かわいい熱帯魚が泳いでおり、美しい亜熱帯の世界を楽しむことができます。

http://oitasima.net/fukajima/index.html

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ