伊勢志摩で食べよう!!三重の銘菓・スイーツ

2016年11月26日更新 view: 186 view

サミットが開かれた伊勢志摩。
そんな三重県伊勢志摩にはおいし~~い銘菓・スイーツがたくさんあります!!
ここでは伊勢志摩周辺の銘菓店・スイーツ店をご紹介します。
ぜひ、訪れてみて下さいね。

太閤出世餅

matomater-original

住所:三重県伊勢市宇治今在家町63
営業時間:【平日】8:30~16:00
     【日祭日】8:30~16:30
休業日:年中無休
電話番号:0596-22-2767

太閤出世餅は、小豆ともち米のもつ天然の旨味を十分に引き出し、一つ一つを手焼きすることで、最良の風味を味わっていただけるよう努めております。
そのため、保存料等の薬剤は一切使用しておりません。お餅ひとつひとつを個包装することで、衛生面に万全をつくし、更に季節に応じて酸素を通さない素材の袋に脱酸素剤と共にお餅を包装することで酸化を防いでおります。 そして太閤出世餅を美味しく召し上がっていただくため、伊勢志摩地方のみの限定販売(イベントは除く)と致しております。

http://taikou-mochi.com/menu.html

勢乃國屋

matomater-original

住所:三重県伊勢市宇治今在家町117
営業時間:8:30~16:30
休業日:年中無休
電話番号:0596-23-5555

勢名物神代餅(かみよもち)をはじめ伊勢志摩の名産品・真珠製品・生姜糖・天照皇大神掛け軸など伊勢ならではのお土産物を豊富に取り揃えております。

http://www.senokuniya.co.jp/

岩戸屋

matomater-original

住所:三重県伊勢市宇治今在家町58
営業時間:8:45~17:25
休業日:年中無休
電話番号:0596-23-3188

伊勢神宮(内宮)から一番近くて一番大きなお土産屋の岩戸屋です。団体兼一般食堂も併設。名物岩戸餅・生姜糖はじめ伊勢みやげはぜひ岩戸屋をご利用ください。

http://www.iwatoya.co.jp/overview/

虎屋ういろ

スポンサードリンク
matomater-original

【本店】
住所:三重県伊勢市宮後2-2-8
営業時間:9:00~18:00
休業日:記載なし
電話番号:0596-23-5005

【内宮前支店】
住所:三重県伊勢市宇治中之切町91
営業時間:9:00~17:00
休業日:不定休
電話番号:0596-29-0008

弊社は大正12年に創業、当初は和菓子全般を販売しておりましたが昭和13年にういろ専門店となり、現在に至っています。
伊勢地方では、黒砂糖でつくられたういろが昔からあり、弊社ではそのういろを元に、様々な材料を加え、アレンジし、現在では定番のういろと季節限定のういろをあわせますと、約35種類のういろがあります。
製造においては、原材料を厳選し昔ながらの手作業で製造しております。
弊社のういろは、防腐剤を使っていない生ういろですので、あまり日持ちはしませんがあっさりとした味わいと弾力が幅広い年層のお客様に受けいられております。

http://www.torayauiro.co.jp/company/outline.html

へんばや商店

matomater-original

【本店】
住所:三重県伊勢市小俣町明野1430-1
営業時間:8:00~17:00
休業日:月曜日
電話番号:0596-22-0097

【おはらい町店】
住所:三重県伊勢市宇治浦田1丁目149-1
営業時間:9:30~17:00
     *土・日・祝日は9:00~17:00
休業日:月曜日
電話番号:0596-25-0150

【宮川店】
住所:三重県伊勢市西豊浜町341
営業時間:8:00~17:00
休業日:月曜日
電話番号:0596-37-0951

当店は安永四年(1775年)に九代前の先祖が参宮街道宮川のほとりに茶店を設け餅を商い初めたのが始まりです。
時代は変われどその中で貫いてきた事、それは地域のお客様を大切にした、飾り気はなくとも、日持ちはしなくとも、素材を厳選し、愛情のこもった人の手でお菓子をつくることです。
これから先も変わらぬ伝統の味を守りながら、みなさまに御愛顧をいただけるようにがんばります。

http://henbaya.jp/company.html

二軒茶屋餅

matomater-original

住所:三重県伊勢市神久6-8-25
営業時間:7:30~18:00
休業日:年中無休
電話番号:0596-23-3040

竹の皮で包まれた、うす皮のお餅に、きめの細かいきな粉をまぶしてあります。中には甘過ぎないこし餡が入っています。これは、渋めのお茶との相性が抜群です。

明治5年5月25日には、海路、明治天皇が西郷隆盛らと参拝されたそうです。店では毎月25日を「くろあんの日」にして、黒砂糖あんのもちが限定販売しています。この時には薄茶の方がよいだろうと思います。

きれいに包まれた竹の皮を開くと、二軒茶屋餅が10個ビニールに包まれています。しっかりと衛生的に処理してあるので、安心して食べることができますね。とっても素朴な味で、飽きのこない美味しいお持ちなんです。伊勢といえば他にも赤福餅やへんば餅などがありますね。この二軒茶屋餅は他の有名なお菓子と同じくらい、歴史があって有名な日本のお菓子なんです。伊勢に来たときには、必ずおみやげに買っていきましょうね。

http://find-travel.jp/article/47892

株式会社赤福

matomater-original

住所:三重県伊勢市宇治中之切町26
営業時間:5:00~17:00
休業日:年中無休
電話番号:0596-22-7000

お伊勢さんのお膝元で、私どもは赤福餅一筋に、お伊勢参りの皆さまをお迎えして参りました。昔も今も、そして、これからも。
赤福本店の建物は明治以来130年余り、大切にして参りました。
伊勢らしい切妻屋根は間口を広げるために高くし、正面に掲げた横書きの大きな看板には金色で赤福の二文字。妻入りの軒先にかかる海老茶色ののれんをくぐると、朱塗りのかまどから湯気が立ち昇っています。地元度会産の番茶を焙じる香ばしい薫りが広がる店内では、餅入れさんと呼ぶ女性職人が繊細な指先で、赤福餅の三筋の清流を一つ一つ真心こめて形づくります。

http://www.akafuku.co.jp/about/honten/

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ