いまや常識!?不用品処分の宅配買取サービスまとめ

2017年8月24日更新 view: 2722 view


古本やCD/DVD、もう着なくなった古着やブランド品などを売りたいと思ったら、どこで売っていますか?

近所のリサイクルショップに持っていって処分してるという方が多いのではないでしょうか?

でも、わざわざリサイクルショップに行かなくても、自宅にいながらにして処分できる方法があるんです。

それが「宅配買取」と呼ばれるサービスで、全国どこでも利用できます。

使い方はいたって簡単、配送用のダンボールを取り寄せて(無料)、売りたい品物を詰めて宅配業者に集荷をお願いするだけ!

早いところでは翌日に査定結果の連絡がきます。査定額に合意すれば、指定の口座に入金されます。

そんな便利な宅配買取サービスについて、主要サイトを3社ご紹介します。

ネットオフ

ネットオフはリネットジャパングループ株式会社が運営するサイトです。名前がブックオフに似ていて、以前はブックオフの資本提携があったようですが、現在はまったく別の会社が運営しています。

リネットジャパンのHPを見ると、リサイクル事業を「都市鉱山リサイクル事業」と銘打っていました。これは、パソコンなどに含まれるレアメタルが”都市鉱山”と呼ばれているところから起因していますが、都市ではこのレアメタルを含む不用品が多く眠っているということですね。

リサイクルを、ただ要らない人から買って、欲しい人に売る、という単純な考え方ではない点が、他社と違う点と思います。

サービス内容は業界の最大手だけあって特に申し分ない内容になっています。

肝心の査定額についても、他社と比較しても高額な査定額になるケースもあるようです。恐らく、販売網がしっかりしているからと推測します。

スポンサードリンク

ブランディア

ブランディアは、大量のCMを打つことで一躍有名になった宅配買取サービスです。

菜々緒さんやブルゾンちえみさん、以前は友近さんなどがCMに出ていましたね。

今では登録会員数が200万人を超え、ネットオフと同様業界最大手のひとつとなり、既に安定した地位を築いています。

スピード買取

スピード買取は坂上忍さんがCMをしていることで知名度を上げています。
2016年に運営会社が変わり、現在は株式会社BuySell Technologiesが運営しています。運営会社が変わる前は、強引な買取・勧誘方法で消費者庁から注意を受けたこともありますが、運営会社が変わってからは改善されているようです。

スピード買取で特に力を入れているのは着物買取です。ちなみに着物はブランド品や家電製品などと比べ、査定額の相場が非常に分かりにくい品物ですが、下記サイトに着物買取の相場表が掲載されているので、着物を売りたいと考えている人は参考にするとよいでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したサイトのうち、ネットオフとブランディアは頻繁に買取額アップキャンペーンを実施しているので、売りたいものがある人はキャンペーン情報もチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

adifigar

はじめまして、よろしくお願いします!

ピックアップ

生活・ライフスタイル ランキング

11月18日 ( 土 ) にアクセスが多かった記事はこちら!