女性の9割が春に不調を感じてる!知って欲しい「春バテ」のこと

2018年3月15日更新 view: 13 view

だんだんと暖かくなってくる3月、4月。ウキウキするはずの春がやってくると、なぜか調子が悪い…そんな症状に悩んでいませんか?春に起こる不調、【春バテ】の原因や解消法についての情報をまとめました。

暖かくなってくると調子が悪い…それって春バテかも!

matomater-original

なんか体がおもい…。気分が落ちる…。

腰を痛めている人が増えてくると、春だなあと思います。学生時代の友人も春になると心身不調という人がチラホラいたなあ。大寒の頃から徐々に春に向けて動き出しているそうです。私も春は頭痛がひどいのでこわいです。

https://twitter.com/bluepnd/status/963252142092967936

春は大好きなのに、ここんとこ、毎年春になると心も体も不調になる。風邪もなかなか治らない。心の中のモヤモヤも不安感も続いてる。なんだろなー。

https://twitter.com/sora1110miku/status/583999719992528896

こんな症状に共感できた方、もしかしたら【春バテ】になっているかもしれません。
春バテとは、3~4月頃に起こる心身の不調のことです。「毎年決まって春になると調子が悪い……」という方は、これが原因の可能性大!

春バテの原因は、寒暖差・激しい気圧の変化・環境の変化であると言われています。
これらは自律神経を乱す原因。春は自律神経を乱す条件が揃っているために、心身共に不調を引き起こしやすいというわけです。
ちなみに、「ウーマンウェルネス研究会」によると、93.3%もの女性が春になんらかの不調を感じているそうですよ。

意識調査の結果、約9 割(男性:87.2%、女性:93.3%)の方が、春(3~5 月)に精神的、身体的になんらかの不調を感じ
たことがあるという結果になりました(グラフ 1)。 昨年同時期の調査では、全体で約8割(男性:72.8%、女性:86.8%)だっ
たことから、春の不調を以前より多くの人が感じていることがわかりました。

http://media.well-lab.jp/wp-content/uploads/2017/03/27916c1da0512e2838cdfac25bef7e3d1.pdf

イライラ
 気分の落ち込み
 体がだるい・倦怠感
 手足の冷え
 日中の眠気
 頭痛
 目覚めが悪い
 夜眠れない
 肌あれ
 めまい
 ほてり    など・・

こういった不調が現れたら、それは春バテかもしれません。

https://www.bi-su.jp/info/column/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%8C%E4%B9%B1%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%98%A5%E3%83%90%E3%83%86%E3%81%AB%E6%B3%A8%E6%84%8F%EF%BC%81%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AF%EF%BC%9F

春バテをすっきり解消する方法

matomater-original

春バテによる不調は、自律神経の乱れによって引き起こされています。自律神経を整えてあげることで、調子を取り戻しましょう!

気温に合わせて適切な服装を選ぶ

matomater-original

朝、天気予報をしっかりチェックして、その日の気温に合わせた服装を選ぶようにしましょう。
気温が低めの日は、「春物を早く着たい!」という気持ちは抑えてきちんと厚着をすること!昼と夜の気温差が大きい日は、ストールや羽織を持って出かけてくださいね。

毎日の温度変化に身体を適用させるため、衣類での温度調整は必要不可欠です。寒いと感じた日には厚着をし、暖かいと感じた日には、薄着をしましょう。衣類によって体感温度の調整を行うことで、気温変化にともなう身体のストレスを軽減することができます。

http://www.well-lab.jp/201603/feature/8039

体をしっかり温める

matomater-original

理想は毎日ゆったり湯船につかること。

体温、血圧、心拍数を穏やかに変化させる入浴を一定期間継続する。炭酸ガス入りの入浴剤を入れた38~40度のお湯に10~20分浸かる炭酸入浴を週5日以上目安に続けると、ぬるめのお湯での炭酸入浴は自律神経を整え、身体をリラックスモードにしてくれるという。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2017/009328.php

42度以上の熱めのお湯は、興奮状態のときに活発になる交感神経を刺激してしまい、体がリラックスできなくなってしまうので注意!

もし、自宅の浴室にミストサウナが付いているなら、ミストサウナもおすすめです。
ミストサウナの温度は約40度で体をリラックスさせるには最適。
花粉も洗い流してくれるので、春にこそ活用させたいですね。

これまで1日の汚れを洗い流す場所だった浴室が、ミストをつけることでリラクゼーションルームへ生まれ変わるうえ、ミストを吸い込むことで鼻の粘膜に着いていた花粉を洗い流すこともできます。

http://www.otegoroneat-refom.com/navi/

睡眠の質を上げる

matomater-original

寝る1時間前には、脳を興奮させてしまうテレビ・パソコン・スマホはシャットアウト。
照明を落とした部屋で、リラックスできるアロマや音楽を楽しんで、いい眠りにつくための準備をしましょう。
また、体をリラックスさせるには目元&首元を温めることも効果的。自律神経を整えて、ストレスをやわらげてくれますよ!ホットタオルなどを使って、お休み前にじっくり温めてあげてください。

目元を温めると、三叉神経(感覚神経)を刺激し、ストレスによる中枢神経や自律神経の乱れを整えてくれる効果があります。また、温度としては37℃~40℃。これは身体が心地よさを感じる快適温度なのです。さらに蒸気温熱で温めるると、熱伝導率が高いため素早く神経に働きかけます。

https://www.cosme.net/a-beauty/article/I0004407

内蔵や血管をコントロールする自律神経(交感神経と副交感神経)が集中しており、ストレスで交感神経の働きが優位になりがちな現代人も、首を温めることでリラックスしたときの副交感神経優位に切り替わるという。

http://www.sankei.com/premium/news/171209/prm1712090020-n1.html

matomater-original
参照:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A%E3%82%BA%E3%83%A0-%E3%80%90%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E8%B2%B7%E3%81%84%E3%80%91%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A%E3%82%BA%E3%83%A0-%E8%92%B8%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF-%E7%84%A1%E9%A6%99%E6%96%9914%E6%9E%9A%E5%85%A5%C3%972/dp/B01F1QFEXA?psc=1&SubscriptionId=AKIAJBYZR3GMZFSHEFNQ&tag=naver1-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01F1QFEXA
matomater-original
参照:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%A9-%E9%A6%96%E8%82%A9%E7%94%A8/dp/B002L1609Q?psc=1&SubscriptionId=AKIAJBYZR3GMZFSHEFNQ&tag=naver1-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002L1609Q

寝起きに太陽の光を浴びる

朝起きたら、まずカーテンを開けよう!

とても簡単なことですが、自律神経を整えるにはとても効果的な行動なんですよ。

なぜ朝日を浴びると自律神経が整うのかというと、それは狂ってしまっている体内時計のリズムが整うからです。

https://xn--u8jzb0gnewe4j.com/jiritsushinkei-asahi-5272

スポンサードリンク

寝起きに朝日を浴びることで、“メラトニン”というホルモンの分泌が促されます。
このホルモンには、夜に睡眠を促すという働きがあり、睡眠の質をあげることにも繋がるんです。
メラトニンによって夜スムーズに眠りにつくことができれば、翌朝の目覚めもスッキリ!

調子が悪いと感じたら早めに対策!春を満喫しよう♪

matomater-original

「なんかちょっと調子悪いかも……」と感じたら、ここで紹介した方法を実践してみてください。調子が悪くなる前に実践すれば、春バテ予防にもなりますよ。
不調を吹き飛ばして、春を全力で楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ