新型タバコは安全?体や周りに与える影響や懸念点

2018年3月16日更新 view: 6 view

そもそも新型タバコとは?

https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/m/o/n/mono481/IMG_0166.jpg

新型タバコも世の中に普及してきています。
体への影響が少ないというぼんやりしたイメージで新型タバコを吸っている方も少ないでしょう。
実際のところ、健康被害はどのくらいあるのか調べてみました。

従来のたばこと同じく葉タバコを使うため、未成年の喫煙は禁じられている。
加熱する仕組みがよく似た電子たばこは、葉タバコを使わずに香料やニコチンを入れた溶液を熱するため、たばことしては扱われない。
フィリップモリスジャパンは新型たばこを「加熱式たばこ」、JTは「たばこベイパー(蒸気)商品」と呼んでいる。

https://kotobank.jp/word/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93-1736301

呼び方さえ違いますが、どちらも蒸気を発生させ、吸っていることになります。

現在日本で普及している新型タバコは、「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」の3種類になります。
特にアイコスは他の新型タバコに比べて、ダントツの普及率となっています。

普及している新型タバコの種類

厚生労働省が発表している現在の成人喫煙率は19.3%とのこと。
ということは単純計算で20歳〜49歳で喫煙している人口は約900万人となります。

先ほどの日本でのiQOS(アイコス)販売台数を加味すると、5人に1人以上はアイコスを所有している計算になります。

http://xn--u9jziobw442azgd.net/1225_iqos/

禁煙エリアで吸ってもいいのか?

matomater-original

「一般的に喫煙そのものを禁止する法律はなく、路上喫煙禁止条例がある自治体でも条例で定めた禁煙エリア外での喫煙は規制対象となりませんし、法律や条例違反となることはないです。路上などの公共スペースではなく私有地、例えば、住居や店舗等の場合は、所有者や管理者が喫煙の可否を自由に決められますが、そこで喫煙した場合でもただちに法律や条例違反とならないのは同じです」(木川雅博弁護士)

https://www.excite.co.jp/News/net_clm/20171003/Goowatch_fb3145680076efd5dffb6916ec968051.html

つまり条例で定められているところ以外でタバコ(アイコス)を吸っても法律的には問題ないということになります。

アイコスはタバコと同じ扱いをされることが多いです。
ですが、アイコスのみ喫煙可能なエリアがどんどんと増えてきています。差別化が進められている証拠ですね。

https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/icv/pc640/9669/32.jpg?d=201801171754

しかし、その一方で、世間的にはアイコスもタバコも変わらないと認知されているようですね。
アイコス利用者はそういった事実も理解しておく必要があると言えるでしょう。

新型タバコの健康被害

スポンサードリンク
matomater-original

アイコスにはタールが含まれていません。他の新型タバコも同じです。
ニコチンよりタールの方が、がんや血液硬化などを引き起こす危険性が高いと言われています。
ですが、ニコチンは含まれているという点に注意が必要です。ニコチンは依存性という部分で体に影響を与えます。

加熱式タバコのアイコスは煙が発生しないことがわかりました。とすると、大きな副次的効果があるのです。
それは、タバコにあるはずの「タール」と呼ばれる有害物質が出ないということです。

https://iqossan.com/iqos-health/

ニコチンは依存性の強い物質です。私たちの周りには、お酒やコーヒーなどの嗜好品があり、それぞれアルコール、カフェインといった依存性物質が含まれていますが、適量であれば健康に問題はありません。
ところが、ニコチンは危険薬物のヘロインやコカインよりも依存の危険が高く、しかもニコチン依存症になってしまうと、使用を中止するのは非常に難しくなります。

http://sugu-kinen.jp/harm/material/

新型タバコだから体に安全ということはなく、少なからず体に影響があるでしょう。
タバコによる病気を早めに気付くためには、人間ドックを定期的に受診するといいです。

人間ドックには、全身を検査するタイプと、特定の病気や体の部位に的を絞って検査するタイプがあります。

http://www.md-checkup.com/

新型タバコの副流煙が与える影響

matomater-original

世界保健機構の報告では、「電子タバコのエアロゾルに受動的にでも曝されると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」とされています。

このように新型タバコは、従来の燃焼式たばこより健康リスクが少なく、受動喫煙の危険がないと思われているのであれば、実際にはそうではなく、科学的には従来の燃焼式タバコと同様に健康被害をあると考えていただいた方がいいでしょう。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3133926

つまり副流煙も体によろしくない成分が少なからず含まれているということです。
なので、公共の場や子供が目の前にいる場所では、なるべく吸わないようにしましょう。

有害成分90%カット!?新型タバコは健康被害を防止できる

matomater-original

新型タバコについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
一般的な紙巻たばこに比べるとアイコスは有害成分を90%もカットしていると発表されています。
なので、紙巻きたばこより健康被害が少ないと言えるでしょう。
そのため、これを機に新型タバコへ乗り換えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ