LIXILが新型太陽光パネルを開発!Gシリーズの特徴と魅力とは

2018年3月26日更新 view: 6 view

現代社会では一般家庭での太陽光発電の需要が高まりつつある中、太陽光パネルや蓄電池などは多くのメーカーが開発・販売しています。そして、最近では業界の大手企業である「株式会社LIXIL」が新型太陽光パネルを開発しており、その性能の高さから注目されています。そこで今回、LIXILが開発したGシリーズについてご紹介していきたいと思います。

LIXILが新型太陽光パネルを発表

「株式会社LIXIL」は建築材料や住宅設備などを販売している業界大手の会社の1つ。
そのLIXILが新型太陽光パネルを発表したことで、多くの方が注目していました。

http://www.lixil.co.jp/lineup/solar_roof_outerwall/solarrack/pic/solarrack_img_04.png

LIXILは、どのような屋根形状でも大容量搭載を実現できる新ソーラーパネル「Gシリーズ」を2018年2月1日より受注開始すると発表した。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/26/news018.html

「Gシリーズ」は、Fサイズの約80%の大きさとなるSサイズと組み合わせることで、狭小住宅や複合屋根など、搭載量が重視される物件においても、大容量設置を可能とする新ソーラーパネルです。

http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2018/060_roof_0124_01.html

狭小住宅や複合屋根など搭載量が限られる物件でも大容量発電が可能で、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及促進に貢献するという。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/012610607/

モジュール変換効率が脅威の18%越え!

LIXILが開発した新型太陽光パネルのスゴイところは「モジュール変換効率」にありました。
その変換効率はなんと脅威の18%超え!

http://newsrelease.lixil.co.jp/user_images/2018/pic/nr0124_01_03.jpg

「Gシリーズ」のパネルには、セルの内部に形成されるパッシベーション膜によって光を反射させ、セルの発電効率を大きく改善する技術を採用。少ない面積でも高い発電量を可能としています。

http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2018/060_roof_0124_01.html

スポンサードリンク

高い発電効率を実現するため、パネルにはセルの内部に形成されるパッシベーション膜によって光を反射させる新技術を用いた単結晶PERCセルを採用した。

http://suumo.jp/journal/2018/01/25/148254/

Fサイズは公称最大出力250W/枚、モジュール(パネル)変換効率18.48%。Sサイズは公称最大出力195W/枚、モジュール変換効率17.86%。

http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/012610607/

従来の太陽光パネルよりも1枚あたりの発電量も高く、無駄を出来るだけ削減した太陽光パネルが「Gシリーズ」。
モジュール変換効率でいえば、トップクラスの性能といっても過言ではないでしょう。

そもそも太陽光発電のメリットは?

matomater-original

LIXILの太陽光パネルについて説明しましたが、太陽光発電のそもそものメリットって何?って思っている方もいるでしょう。
そこで太陽光発電のメリットをご紹介していきます。

太陽光発電システムを設置することで、ご家庭の光熱費を節約。また、ご家族皆さまの省エネ意識を高めることができます。

http://www.lixil.co.jp/lineup/solar_roof_outerwall/solarrack/default.htm

自宅で使って余った電気を電力会社に高値で売り、収入を得られます。

https://www.solar-partners.jp/first/merit/meritdemerit.html?utm_expid=32791694-495.qk5u3xzeRkSpSk8-A7kakA.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2F

設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。

http://www.jpea.gr.jp/knowledge/merit/index.html

太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。

http://www.jpea.gr.jp/knowledge/merit/index.html

太陽光発電は無尽蔵のエネルギー源を利用することで、半永久的に発電することが可能です。
また、電力を電力会社に売ることで収入を得ることができ、光熱費を削減しながら収益を確保できます。
従って、投資で太陽光発電を導入するという方もおり、現在のおいて太陽光発電は人気なのです。

太陽光パネルを設置する時の注意事項

matomater-original

太陽光パネルの設置は何度もやり直すことができません。
「こんなはずじゃなかった・・・」なんてならないように、注意事項を押さえておきましょう。

1.信頼できる設置業者に依頼する

太陽光発電は設置場所の環境によって最も適するパネルが変わってくる性質を持っています。
つまり、メーカーを選ぶ前に、設置場所の環境をしっかりと分析する能力が必要になるわけです。

http://xn--9ckaldc9ld2ee7793f5ds3x7b0kybr27ccoxbxwb.net/study/salesman.html

2.導入するシステムを選ぶ

ひとつの業者が複数メーカーのシステムを販売していることも多いです。どのシステムだったら、自分自身の家の条件にぴったり当てはまるか、システムの違いを比較しながら検討しましょう。

http://photovoltaic-generation.com/contract/importantpoint.html

3.架台は綺麗かどうか

雑な施工と丁寧な施工では、同じ設備を使っても耐用年数に違いが出てきます。専門知識がないからといって遠慮せず、施工の具合を入念にチェックされることをおすすめします。

http://www.solarpower-investing.com/how-to-choose/

太陽光パネル設置には知識が必要!

太陽光パネルは色々なタイプがあり、それぞれで適した立地条件などが変わってきます。また、依頼する業者によっても今後の耐久性や発電量が変わってくる恐れがあるので、設置する際には知識がある程度必要になります。そのため、今回の記事を見て、LIXILの太陽光パネルを導入するという方がいれば、きちんと将来的な設計を見据えた上で依頼するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ