3Dプリンターで家づくり!?発展途上国で注目されている最新技術がスゴイ

2018年3月26日更新 view: 12 view

爆発的ブーム!3Dプリンターが普及する現代社会

3Dプリンターは今や世界規模で普及しつつあり、日本でも企業・個人問わずに多くの方から認知されています。
そんな3Dプリンターですが、実は発展途上国から注目されていることをご存知でしょうか?
今回の記事では3Dプリンターの最新情報をご紹介していきます。

matomater-original

3Dプリンターが登場してから現在まで爆発的なブームを巻き起こしています。

2013年は、多くのメディアがこぞっと取り上げ、突如3Dプリンターブームが到来。

https://creive.me/archives/7349/

3Dプリンターによるモノづくりは、再度、夢を抱ける時代の幕を開けようとしています。

http://japan-3dprinter.com/

最近は3Dプリンターの低価格化や技術開発が進み、個人用でも安くてキレイな造形ができるモデルも登場しています。

http://www.recmbus-3dprint.com/

IT関連の統計でおなじみの米IDCは2017年1月、3Dプリンターに関する調査を発表しました。それによると、2020年に予測される3Dプリンター関連市場の世界規模は289億ドル。1ドル115円換算で3兆3235億円に達します。

https://www.otsuka-shokai.co.jp/media/byline/numbers/20170203.html

現代社会では3Dプリンターの有効性が認められており、建築現場から医療現場まで多岐にわたる活用方法が確立されています。
そんな中、一般家庭にも普及するようになり、今後ますます多くの方が利用するようになることでしょう。

3Dプリンターで作れるのってどんなモノ?

3Dプリンターといっても何が作れるのかイメージが付かない。
そんな方は下記で紹介しているモデルを見ておきましょう。

https://pbs.twimg.com/media/Bev9970CQAAPP3Z.png:large

3Dプリンター。ミクさんが好きすぎて作ったそうです。持って来て見せてくれました。痛3Dプリンター、後の「痛プリ」であるww #初音ミク

https://twitter.com/3DGAN/status/975554803689385985

https://pbs.twimg.com/media/DYYNHizUMAAr3l5.jpg

初めて3Dプリンター買った頃に作った「世界遺産公園」

こんな公園があったらいいなぁと思いながら作りました。

イマドキの3Dプリンター見慣れてしまうと、かなり荒い造形ですが、

当時はこれでも感動したものです。

https://twitter.com/TKvirtualworld/status/974481069058637824

スポンサードリンク
https://pbs.twimg.com/media/DYiXESQVAAErYVj.jpg:large

3Dプリンターって本当にすごいね!
これIBMの人工知能を搭載の3Dプリンターで作った自動運転バスだって????

https://twitter.com/silvercrow2kuro/status/975195929207758848

https://pbs.twimg.com/media/DUcoKEzVQAAhwg5.jpg

CGWORLD 234号にて、233号で作成したゲームモデルを、最新式のフルカラー3Dプリンターで誰にでも簡単にフィギュア化できる方法を掲載させて戴きました。この手法は今までの常識を覆す技術革新だと思います。是非ご覧下さい!!

https://twitter.com/mask_3dcg/status/956777635656302593

SNS上では3Dプリンターで制作されたものが沢山掲載されていました。
中でも3Dプリンターで作った自動運転バスなどはすごいクオリティですね。

驚き!3Dプリンターで作られた家がスゴイ

matomater-original

3Dプリンタで作られたモノの中でフィギュア・模型などは有名でですが、実は「家」も海外企業によって作られていることをご存知でしょうか?

「Apis Cor」は世界初の移動建設3Dプリンタを開発する会社で、建設に要する時間は24時間でも強度はバッチリ。なんと最高で175年間もつ(!)という3Dプリンタ製の家を、モスクワのストゥピノという街に完成させました。その製作の様子がYouTubeに公開されています。

https://youpouch.com/2017/03/25/421876/

こちらの動画では「Apis Cor」が建築した3Dプリンター製の住宅が登場しています。

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/04/07/58e547838af5781d008b6a3d-w960.png

ウクライナのスタートアップ企業 PassivDomが建築した3Dプリンター製の住宅。

完成した家は「完全自律型」。
外部からの電力供給や配管システムへの接続も不要だ。太陽光発電でまかなう電力は住宅に付属するバッテリーに充電される。
水は空気中の水分をフィルターを通して収集される(自分で水を入れることも可能)。
さらにこの住宅には独立した下水処理システムまで付いている。

https://www.businessinsider.jp/post-1637

http://image.news.livedoor.com/newsimage/4/8/48f43_1188_4ffa8e4b_c65efaac-m.jpg

現地メディアが伝えたところによると、この技術は中国の建設会社が開発したもので、コンクリートなどの建設資材を使い、3F建てまでの家屋を「プリント」できるものなのだという。

http://news.livedoor.com/article/detail/9200167/

日本では3Dプリンター製の住宅はあまり馴染みはありませんが、海外では話題になっているようです。

住宅が安価に手に入るようになるかも!発展途上国で期待が高まっている

matomater-original

3Dプリンターで住宅が作れるようになれば、今後住宅が安価で手に入ることが予想されています。
そうなると発展途上国の方々の生活水準は向上することでしょう。
実際のところ、3Dプリンタ製の住宅は発展途上国で期待が高まっています。

多くの人に手の届く価格で住む家を確保することができる、そんなアフォーダブルハウジングの解決策のキーとなるのは、なんと 3Dプリンターかもしれません。

https://mikissh.com/diary/cheap-housing-by-3d-printing/

アメリカでは、巨大な3Dプリンターを用いて一軒家を建築を目指すプロジェクトも行われており、今後、災害時の仮設住宅や発展途上国の住居問題の解決の可能性も広がると考えられています。

http://www.aiesec.jp/internship_sfc_3dprinter/

アレクサンドラ・ラフシ氏は「携帯電話がライフラインや交通網の整っていないアフリカで有用な通信手段となり、銀行のない地域でも金融決済を可能にしているという例があります。携帯電話の導入がアフリカで効果を発揮したのと同様、私は3Dプリンターで家を作る計画が発展途上国の住宅問題を解決すると信じています」と語りました。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/gigazine/trend/gigazine-52685

現在、エルサルバドルでは100棟の3Dプリンター製の住宅を作る大規模プロジェクトが始動しています。
このプロジェクトが無事に終了したら、次々と発展途上国で3Dプリンター製の住宅が導入されることでしょう。

3Dプリンターはあらゆる業態で救世主になるかも

matomater-original

3Dプリンターは今や建築現場や医療現場では欠かせない道具の1つで、今後ますます活躍することでしょう。
特に、建築において3Dプリンター製の住宅が世間に評価されることとなれば、発展途上国だけに限らず、先進国でも一般的に普及するかもしれません。
3Dプリンターで作られるモノには限界がありますが、将来的にあらゆる業態で救世主となる可能性を十分に秘めていると言えるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

jc235444

芸能ネタから最新ニュースまで、役に立つことまとめちゃいます!

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

11月20日 ( 火 ) にアクセスが多かった記事はこちら!