会社経営はカッコイイことばかりじゃない!?リスクを減らすためにできること

2018年3月27日更新 view: 5 view

近年、さまざまな職業が誕生している中、会社経営者は以前より多くの方から人気がありました。会社経営者、実業家といった職業はネームバリューもあり、一見カッコイイと思いがちです。しかし、実際のところ、会社経営はカッコイイことばかりではありません。そこで今回の記事では、会社経営の苦労やリスクヘッジについてまとめてみました。

会社経営は憧れる・・・

matomater-original

最近ではさまざまな職業が存在していますが、バブル時代より「会社経営」は多くの方から憧れられる対象です。
実際、SNSでは会社経営に憧れる人がたくさんいますよ!

会社経営かぁ。憧れるな。俺もスイカバーから種だけ抜く工場とか立ち上げたい人生だった

https://twitter.com/miliTlow/status/876459042259951616

初めての会食わず。やっぱり会社経営する人って違うなぁ。憧れる。

https://twitter.com/hammy82_666/status/194811551734185984

最近、やりたい事、やってみたい事
会社経営。社長に憧れる。
何にも分からないのにね。
妄想は自由だぜ!

https://twitter.com/odawara08021984/status/874338851006758912

生まれ変わったら、企業に就職するか会社経営したい。
組織に対して嫌なイメージしかなかったけど最近憧れる。。
ないものねだりなのはわかってる。

https://twitter.com/charcoal_hanae/status/502693088150564864

実際にはカッコイイことばかりじゃない!

会社経営は一見カッコイイとイメージしがちですが、普通の職業とは違い、苦労もそれなりにあります。
会社経営を検討している場合には、こういった側面を見ておくべきでしょう。

社長になると「寝る間も惜しまず頑張りたい」と必然的に思うようになります。
そう思って努力しないと野垂れ死にする可能性があるからです。

https://slimqu.jp/archives/1284

経営者は仕事を「生み出す」ところから始めなきゃならんのです。。
そして「仕事を生み出す」というのはマジで簡単な事じゃない。。(´Д`)ハァ
「あらかじめ仕事がある」従業員と、「仕事を探してくるとこから始めなきゃいけない」経営者。この違いはとてつもなく大きいです。

http://www.dokusin.net/648

自分が社長として会社を作って失敗するパターンは、もともと対等だったはずの友人関係に社長と従業員という、決して解り合えない主従関係を導入することで、ギクシャクしてしまい、最終的には「あんなやつじゃなかったのに」とお互いに失望して別れてしまう。

http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20101211/1292015284

世間では会社経営者は華やかな印象を持ちがちですが、実際の裏側に迫ると苦労も数多く垣間見られます。
上記の通り、孤独に耐える覚悟がない方は会社経営には向いてないと言えるでしょう。

会社経営にはリスクヘッジが重要

matomater-original
スポンサードリンク

会社経営において何が大切かいうと、それは紛れもなく「リスクヘッジ」です。
リスクヘッジが出来てないと、少しのことで経営が傾く可能性もあります。
だからこそ、成功者達はリスクヘッジを何よりも重視しているのでしょう。

リスクヘッジは「起こるうるリスクを回避する」「リスクを軽減するよう工夫する」という意味を持っている言葉として使用されていると考えられます。

https://seikatsu-hyakka.com/archives/28909

仕事におけるリスクヘッジの手段としてもっとも効果的なのが基本中の基本である「確認」という作業です。上司や先輩に行う報連相もその一環であり、多くの人が絡む仕事では特に重要だといえます。

http://www.humantrust.co.jp/bizskills/employee37/

もちろん、貯金をしておくというのも1つの手段ですし、雇用保険からもらえる失業手当も公的リスクヘッジの1つといえるでしょう。

https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/12333/

ビジネスには常にリスクが付きものであり、リスクテイクするからこそ、リターンを得られるようになっていますので、どれだけリスクを軽減できるかは、企業にとって大変重要なことだと思います。

http://business-philosophy.seesaa.net/article/13788005.html

会社経営はアクシデントが付き物であり、どれだけリスクに備えられるかが鍵です。リスクに備えられれば、何か起こってもそれ相応の対処ができることでしょう。

損害賠償保険には加入すべきか否か

matomater-original

リスクヘッジの方法の中には、損害賠償保険がひとつの選択肢としてあります。
しかし、損害賠償保険に加入するか否かは迷うはず。
そんな方はまず損害賠償保険の内容を確認しましょう。

企業には様々なリスクがあり、それによって賠償責任が問われます。こうした万が一に備えた保険が賠償責任保険です。賠償責任保険は損害保険会社ごとに特徴があり、補償内容も異なります。

http://www.companymng-risk.com/comparison/

火災保険
火災をはじめとする様々な偶然な事故による事業財産の損害を補償する保険です。

賠償責任保険
事業活動に伴う損害賠償の保険です。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/guide/study/sonpo.html

貨物・運送の保険
運送中・保管中における貨物の様々なリスクによる損害を補償する保険です。

興行中止保険
悪天候等の不測かつ突発的な事由により、イベントが中止になった場合の損害を補償する保険です。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/guide/study/sonpo.html

会社役員には多くの責任がつきまといます。
自分のミスではなく、部下がミスをした時も監督不行き届きとして責任を取らなくてはなりません。
なので賠償責任保険への加入が大切といえます。

http://xn--gmqp1a146dk3ad35itmj.net/baisyousekinin/

また、経営を行う上で挑戦というものはつきものです。時には挑戦によりミスをすることもあるでしょう。
その時の備えとしても賠償責任保険というものは大切です。

http://xn--gmqp1a146dk3ad35itmj.net/baisyousekinin/

会社経営している方が損害賠償保険に加入すべきか否かと言われれば、やはり加入すべきです。リスクヘッジで損害賠償保険は最適ですし、あらゆるシーンでリスクに対応することが可能でしょう。

会社の経営を成功させるために

matomater-original

現代社会は会社設立のハードルも年々下がってきており、誰でも簡単に起業できるようになりました。そのため、会社経営に憧れている方が起業するケースも数多く見受けられます。
一方で、経営に失敗して倒産する企業もかなり多いです。事実、国の統計によると起業1年目で倒産する割合は6割を占めています。会社経営を検討している方はその辺りを考慮し、今回の記事でご紹介したリスクヘッジ方法を実践するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

egigg

女性に役立つ情報をぞくぞくご紹介!ぜひ、みにきてください^^

ピックアップ

ビジネス・経済 ランキング

11月18日 ( 日 ) にアクセスが多かった記事はこちら!