マレーシアへの移住がオススメ!憧れのリゾートライフを満喫しよう

2018年3月29日更新 view: 11 view

近年、さまざまな国が存在する中、国内では理想的な海外移住先として『マレーシア』が注目されているようです。そこで今回、日本人の移住先として人気が高いマレーシアの魅力や物件選びのポイントなどをご紹介していきます。マレーシアへの海外移住を考えている方、海外移住に興味がある方はぜひご覧ください。

移住先として人気のマレーシア

https://assets.media-platform.com/lifehacker/dist/images/2016/01/160106_malaysia_top-w960.jpg

最近、海外の移住先として『マレーシア』を選ぶ方が国内でも大勢いらっしゃいます。
ですが、なぜ、マレーシアが移住先として人気なのでしょうか?

温暖な気候と落ち着いた治安、さらに生活の便利さや価格の安さに惹かれ、マレーシアで生活をする日本人は、およそ23,700人以上にも上っています。

https://www.kaigaiijyu.com/country/malaysia/index.html

スポンサードリンク

1万人を超えたのは2007年以来のことで、過去10年を平均するとマレーシアに住んでいる日本人の数は9,000人~1万人弱となっています。マレーシアが人気の理由は、なんといっても外国人にとって住みやすいからです。

http://xn--cckyb0g6b3du24u2j0bopd.com/ninki.html

東南アジアの中では、治安が良い国に分類され、日本人が凶悪事件に巻き込まれるケースも少なく、安心して暮らすことができる環境も、移住先として選ばれている大きな理由の一つと言えるでしょう。

https://www.kaigaiijyu.com/country/malaysia/recommend.php

ペトロナスツインタワーやクアラルンプール国際空港等の近代的な建物も数多く存在するとても魅力的な国です。さらに、2006年から2016年まで11年連続で日本人が住みたい国No.1に選ばれています。

https://wakuwork.jp/archives/24570#i-2

マレーシアへの海外移住!メリット・デメリットとは

一般的にマレーシアへの海外移住は魅力が多いと言われています。
しかし、マレーシアへの海外移住のメリット・デメリットを知らない方は意外と多いです。

マレーシアで暮らすメリット

matomater-original

1年中暑いマレーシアですが、実は過酷すぎる日本の夏よりははるかに快適です。最高気温は30~33℃で、どんなに暑くても35℃くらい。最低気温は23~25℃で朝晩は涼しく感じるほど。

https://www.lifehacker.jp/2014/10/141005wakuwaku_kaigai.html

東南アジアの中では生活水準が高い方でありながら、物によってバラつきがあるものの、物価は平均して日本の3分の1ほどですから、マレーシアではかなり安く生活できることになります。

http://xn--cckyb0g6b3du24u2j0bopd.com/bukka.html

マカティには日本料理だけではなく、
イタリアンやスペイン料理、タイ料理、
ベトナム料理、ギリシャ料理、ペルシャ料理など
様々な店があるので食べるのに困ることもない。

https://ijuusya.com/kurasu.html

マレーシアで暮らすデメリット

matomater-original

ほとんどの東南アジアに共通していますが、マレーシアでは交通量が多いため、朝や夕方を中心にほぼ毎日渋滞が発生します。また、自動車だけではなくバイクも非常に多いので、外出の際は充分な注意が必要です。

https://www.kaigaiijyu.com/country/malaysia/recommend.php

これはクアラルンプールだけではなく多くの国・都市にも言えることですが、日本は世界でも屈指の清潔国家です。

それだけに、クアラルンプールに住み始めた当初はトイレを始めとした各種設備の状態は『ちょっと汚いな』と思うかもしれません。

http://tellme-malaysia.com/ijyu/2387

マレーシアは物価が日本よりも安く、気温も過ごしてやすい環境にあります。そのため、海外移住としてはオススメできます。
しかし、その一方でデメリットもあるので、移住の際にはメリット・デメリットを考慮した上で決めるといいでしょう。

こんな人にマレーシアはピッタリな移住先!

matomater-original

マレーシアで暮らすことをオススメしたい方は以下の条件に該当する方達になります。
該当するという場合には、マレーシアで暮らすことを検討してもいいでしょう。

1.物価が安いところで暮らしたい方

マレーシアは現在成長著しい国ということで、10年前ほど『物価が安くてびっくり!』ということはさすがにありません。とは言えども日本と比べるとやはり物価は安く、特に現地の食品価格は格安です。

http://tellme-malaysia.com/ijyu/2387

2.老後にゆったりとした生活を送りたい方

日本のように地震が多くないのも安心。
当然、原発の脅威に怯えることもない。

マレーシアの美しい海とリゾートを楽しめるのも、
老後に第二の人生を送るには最高だ。

https://moteworld.net/40single/mtmalay/

3.多民族文化を五感で味わいたい方

マレー系の他にも中国系やインド系など多くの民族が個性あふれる文化を引き継ぎ、生活に根付かせています。ファッションや食事、伝統行事にも、それが色濃く反映され、一つの国で暮らしながらにして、数々の異文化を五感でフルに楽しむことができます。

https://www.kaigaiijyu.com/country/malaysia/index.html

マレーシアへの海外移住は多くの日本人にオススメできますが、その中でも「物価が安いところで住みたい方」「老後に豊かな生活を送りたい方」「海外文化にふれあいたい方」などには、特に暮らしやすい環境が整っています。

現地での物件選びのポイント!

matomater-original

マレーシアでの物件選びは、国内での物件選びとは少々基準が異なります。
物件選びで失敗することがないように、物件選びのポイントを押さえておきましょう。

都心の物件は割高になりやすい!

KLでは都心物件よりは郊外の物件で、高速道路へのアクセスが良好、駅に近い物件の価格上昇が目立っています。賃貸に関しても都心の物件は賃貸市場が限られ賃貸に苦労するオーナーも多くいます。都心の物件選びは慎重さが必要です。

http://www.totalmalaysiafudosan.jp/column/point-of-success/?page=6

新築物件は値段交渉できるか?

新築物件には照明やキッチン(シンクはある)、家具家電などが備えられていないため、それを購入金額に含めて交渉できる物件かどうかというのもポイントになります。

https://www.rakumachi.jp/news/column/34337

住宅会社や不動産会社のサポート体制も大切

「水が出なくなった」「カギをなくしてしまった」「家電に不具合が…」といった予期せぬトラブルに遭遇する可能性は十分にあります。24時間対応ができるカスタマーサービスなど、頼れるサポート体制を整えている会社なら、そうした場面に出くわしても安心です。

http://www.refsite-monthaprtm.com/

マレーシアの文化を楽しめる土地で暮らそう

matomater-original

マレーシアは日本人をはじめ、多種多様の民族が暮らしおり、さまざまな文化や言語が混同しています。そのため、海外移住する際には、各地域の文化や言語もチェックしてから、物件選びを進めるといいでしょう。また、物件選びの際には一度現地へ飛び立ち、周辺の不動産会社へ訪ねてみることをオススメします。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

jc235444

芸能ネタから最新ニュースまで、役に立つことまとめちゃいます!

ピックアップ

生活・ライフスタイル ランキング

11月21日 ( 水 ) にアクセスが多かった記事はこちら!