電子手形を使った資金調達はもう古い?最新の資金調達ICOとは

2018年4月3日更新 view: 6 view

『電子手形』または『電子記録債権』を利用した資金調達法は、従来の手形より利便性が高く、多くの企業が導入しています。しかし、最近ではもっと注目されている資金調達法があることをご存知でしょうか?今回の記事では、最近の資金調達方法である『ICO』の魅力についてご紹介していきます。

そもそも電子手形って何のこと?

matomater-original

資金調達や資金繰りを行っている方なら「電子手形」や「電子記録債権」という言葉も聞いたことがあるはず。
では、「電子手形」や「電子記録債権」ってどのようなモノなのでしょうか?

電子手形とは、従来利用されていた手形、つまり紙の手形を電子化したものであり、情報化社会の新しい支払い方法として2009年11月からスタートしたものです。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=31wYjDpBZwgJ&p=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%89%8B%E5%BD%A2+%E3%81%A8%E3%81%AF&u=factoring.co.jp%2Fdenshitegata-chigai%2F

電子記録債権とは、簡単にいうとこれまでの通常手形を電子取引にしたものです。

http://www.electronicrec-saiken.net/

これは電子記録債権法に基づくサービスであり、窓口は銀行ですが、電子手形等の記録原簿を備えて記録や内容の開示を行う登記所のような存在「電子債権記録機関」があり、運営されています。

http://www.tukakosi.com/?p=395

従来の紙ベースの手形取引に代わり、「電子手形割引(都度・定期)」「電子手形譲渡」「期日決済」「分割割引・分割譲渡」といった多様な債権取引がパソコンやFAXによる簡単な操作で行えます。

http://www.den-te.com/about/what.html

電子手形は約束手形や売掛債権に変わる新しい決済サービスで、資金調達方法として選ばれることも多いようですね。
そして、電子記録債権とは法律のことを指すものですが、最近では電子手形と混同して使われることもしばしば。

電子手形はもう古い?最新の資金調達方法ICOとは

matomater-original

電子手形は企業の資金調達として人気ですが、最近ではもっとハイテクな資金調達法が確立されていることをご存知でしょうか?
それこそが「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)なのです。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング、仮想通貨技術を使った資金調達)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自のトークン(デジタル権利証)を発行・販売し、資金調達する手段・プロセスのことを指します。

http://vc.morningstar.co.jp/000208.html

資金調達したい事業者は「トークン」と呼ばれるデジタル権利証を発行し、一般投資家から買い手を募ります。投資家はビットコインなどの仮想通貨でトークンを購入します。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO25683560V10C18A1K15100?channel=DF280120166599

別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

https://www.sbbit.jp/article/cont1/34094

ICO時に発行されるトークンにも色々なタイプがあり、大別すると、
1.仮想通貨型トークン
2.会員券型トークン
3.プリペイド型トークン
4.ファンド持分型トークン
5.アプリケーション・プラットフォーム型トークン
の6種類が存在しています。

この6種類の中でも、アプリケーション・プラットフォーム型トークンは資金が集まりやすく、人気があります。

有名な企業も参入している現状・・・

matomater-original

ICOトークンは発光体の事業・プロジェクトの目的や今後の発展によって価値が変わりますが、
手っ取り早く資金調達を行えることから、最近では多くの企業が参入しています。

大手企業がブロックチェーンや仮想通貨市場への参加が表面化してきました。

おそらくKodackは2016年~2017年中からプロジェクトを進めてきていると思われますが、今後はこういった大手企業が独自の仮想通貨を発行して、法定通貨の価値をどんどん吸い上げて、独自の経済圏を作っていくんじゃないかと思われます。

https://bitcoiner.link/6368.html

新規仮想通貨公開(ICO = Initial Coin Offering)が日本の上場企業においてはじめて実施される。仮想通貨取引所を運営するテックビューロは、資金調達用ICOソリューション『COMSA』を開発し実施を支援、続いて「プレミアムウォーターホールディングス」と「CAMPFIRE」もICOを実施予定。

https://bizzine.jp/article/detail/2375

日本のメガバンクであるみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行も仮想通貨に大きく関わっています。 みずほ銀行はゆうちょ銀行、地方銀行と協力をして、新しい仮想通貨は「jコイン」の創設を表明しています。

http://majimoney.hatenablog.jp/entry/2017/10/31/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%89%8B%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%8C%E6%B3%A8%E7%9B%AE%E3%83%BB%E5%8F%82%E5%85%A5%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B

GMOやDMM.comが参入を決めたことは、これらのコストがあったとしてもビットコインの将来性を考えると十分にリターンがあると判断したからでしょう。
国内企業では、SBIもマイニング事業に着手すると噂されており、まだまだ他の企業が参入する可能性はありそうです。

http://best-times.jp/articles/-/6947?page=2

このように仮想通貨のビジネスは今まさに発展している途中なのです。
だからこそ、多くの方が注目していて「資金調達方法」としても最適なのでしょう。

仮想通貨で資金調達!ICOで資金調達するメリット・デメリットは?

スポンサードリンク
matomater-original

ICOでの資金調達は従来の資金調達方法より簡単に行えると評判ですが、
目的額まで資金調達するためには、やはりメリット・デメリットを押さえておく必要があります。

ICOのメリット

・面倒な手続きがなく資金調達をすることができる
・初期コストが少なく済む
・仲介業者を挟むことなく、世界中から資金調達をすることができる
・投資家に経営権を渡さなくてもよい

http://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com/ico-what-is/

・短期間で多くの資金調達ができる可能性がある
・最初に多くの資金を用意する必要がない
・基本的に調達資金の返済は不要
・業者を介さず、投資家から直接資金を調達できる

https://kouhatsu.com/archives/697

このように資金調達の手間暇がかからないことや初期コストが少ないことが大きなメリットと言えます。
また、中間マージンがないというのも、オススメできる理由でしょう。

ICOのデメリット

・プロジェクトが失敗すると投資家(支援者)が大きな損失を被る可能性がある
・未開発の技術を投資家(支援者)に認めてもらう必要がある

https://kouhatsu.com/archives/697

・今後規制の対象となり、制度に則った体制を構築する必要が出る可能性がある

http://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com/ico-what-is/

一方でこのようなデメリットも・・・
事業者側するとメリットばかりのような気がしますが、
事業に失敗すれば社会的にもまずい状況になりえます。

ですから、ICOをはじめる場合にはきちんと計画を立ててから行動に移すべきです。

ICOを正しく理解して資金調達に臨もう!

ICOは仮想通貨を使った全く新しい資金調達法です。事業者はトークン、つまり債権を購入者に配当し、その資金によって新しいビジネスを始めることが可能になります。そのため、初期コストがほとんどいらないので、起業には最適と言えるでしょう。しかし、その反面、正しい運営を行っていなれば、「詐欺」などと言われ、信頼性を無くす可能性も示唆されています。ですから、ICOを行なう場合、正しい知識や経営目的を持って資金調達を行ないましょう。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

vcxuovfhpbh563

これからどんどん、まとめを作成していきます!

ピックアップ

ビジネス・経済 ランキング

11月21日 ( 水 ) にアクセスが多かった記事はこちら!