すぐに使える英語フレーズ・気楽にいく

2019年11月30日更新 view: 143 view
matomater-original

keep it casual

気楽にいく

1. 知人の誕生日パーティー
A. You don't need to bring anything.
<何も持って来る必要はないわ。>
B. Are you sure? What should I wear?
<本当に?何を着ていったらいいかな?>
A. It's just a small party. Keep it casual.
<こぢんまりしたパーティーだから。普段通りで。>

2. いよいよ恋人の実家に
A. What if your parents don't like me?
<ご両親が気に入ってくれなかったらどうしよう?>
B. Don't be nervous. Just keep it casual.
<緊張しなくていいよ。とにかく肩肘張らずに、気楽にいこうよ。>
A. Easy for you to say.
<そんな簡単に言わないでよ。>

I think I caught your cold.

あなたの風邪がうつったみたい

1. 発熱
A. I think I caught your cold.
<あなたの風邪がうつったみたい。>
B. Oh, no. Really?
<えぇ。本当?>
A. Yeah, I have a fever.
<うん、熱があるの。>

2. 風邪でも出勤の同僚
A. Erica's been coughing and sneezing all week.
<エリカは今週ずっと咳とくしゃみが続いてるわね。>
B. I know. I think I caught her cold.
<そうなんだよ。僕まで彼女の風邪がうつったみたいでさ。>
A. That's not good. She should have stayed home.
<それはよくないわ。彼女は家でおとなしくしてるべきだったのよ。>

I'm going gray.

白髪が出てきた

1. 鏡の前で
A. l'm going gray.
<白髪が出始めてきちゃったわ。>
B. What are you doing?
<何してるんだい?>
A. I'm trying to pull gray hairs out.
<白髪を抜こうとしてるの。>

2. 昔のアルバム
A. You look the same.
<変わらないね。>
B. I started going gray in my twenties.
<20代で白髪になったからね。>
A. You did?
<そうなの?>

スペルは、gray(米), grey(英)が一般的です。

白髪は英語で gray hair と言います。
「白髪が出てきた」と言う場合は、
人を主語にして go gray, 髪を主語にして turn gray
という言い方が一般的です。
turn gray は「白髪が増えてきた」というニュアンスで
使われる場合が多いです。

I can read you like a book.

君の本心はお見通しだよ

1. 浮かない顔つき
A. What's bothering you? Talk to me.
<何か困りごと? 私に話して。>
B. Nothing. I'm okay.
<何でもない。僕は大丈夫だよ。>
A. You can't fool me. I can read you like a book.
<騙されないわよ。あなたの本心はお見通しなんだから。>

2. 隠し事
A. You shouldn't have lied to your girlfriend.
<彼女に嘘なんかつくべきじゃなかったのよ。>
B. I know. She can read me like a book.
<わかってるよ。僕のことは何でもお見通しなんだ。>
A. Just like your mother can.
<あなたのお母さんがそうであるようにね。>

These are so addictive.

スポンサードリンク

これって病みつきになるね

1. 日本のお菓子にハマった外国人
A. I love these wasabi peas.
<このわさび豆、大好き。>
B. Aren't they spicy?
<辛くないの?>
A. A little bit, but these are so addictive.
<ちょっとね。でも病みつきになるわ。>

2. 依存症?
A. My son plays video games all day.
<うちの息子ったら、1日中ビデオゲームばかりで。>
B. My daughter is constantly on her phone as well.
<うちの娘もしょっちゅう電話をいじってますよ。>
A. I'm worried because these devices are highly addictive.
<ああいうデバイスは依存性が高いから心配です。>

He can't take jokes.

彼には冗談が通じない

1. 生真面目な父親
A. I can't believe Dad got mad at me over such a silly joke.
<お父さんがあんな他愛もない冗談に腹を立てるなんて、信じられないわ。>
B. Don't you remember? He can't take jokes.
<忘れたのかい?彼には冗談が通じないってこと。>
A. Now I do.
<今それを思い出したところよ。>

2. 海外のクライアントと打ち合わせ
A. How did the meeting go?
<ミーティングはどうだった?>
B. Um...not exactly sure what happened actually. The client just left after I made a funny joke.
<いや…実は何が起きたのかよくわからないんだ。僕が冗談を言ったらクライアントが出て行っちゃってさ。>
A. You made him upset. Obviously, he didn't take whatever you had said as a joke.
<彼を怒らせたのね。内容はどうであれ、相手があなたの言ったことを明らかに冗談って
受け止めなかったってことでしょう。>

ちなみに「(その)冗談がわかる」は get the joke となります。

This restaurant is a well-kept secret.

このレストランは穴場だね

1. 会社の昼休み
A. This curry is amazing!
<このカレーすごく美味しいよ!>
B. Isn't it? This is my favorite place around here.
<でしょう?ここはこの辺での私のお気に入りなの。>
A. This restaurant is a well-kept secret.
<このレストランは穴場だね。>

2. 激安の映画館
A. I can't believe the tickets only cost $5.
<チケットが5ドルなんて信じられない。>
B. It doesn't have reclining seats or surround sound, but I like it.
<リクライニングシートもサラウンドサウンド効果もないけど、気に入ってるのよね。>
A. Me, too. This is a well-kept secret.
<僕も好きだな。ここは穴場だね。>

The rest is history.

ここから先はご存知の通りです

1. ジャスティン・ビーバー
A. Did you know Justin Bieber was discovered on YouTube?
<ジャスティン・ビーバーってYouTubeで発掘されたって知ってた?>
B. I didn't, but I know he had a very interesting hairstyle.
<いや、知らなかった。でもすごくおかしな髪型だったのは知ってる。>
A. That's right. The rest is history.
<そうそう。で、後の彼の人気は知っての通り。>

2. 夫との馴れ初め
A. He was my brother's best friend. We dated for about three years on and off before he moved to UK.
<彼は兄の親友だったの。3年ほど、くっついたり離れたりして、その後彼がイギリスに引っ越したわ。>
B. Did you move there, too?
<君も引っ越したのかい?>
A. No. I bumped into him in San Francisco five years later, and the rest is history.
<ううん。5年後、偶然サンフランシスコでばったり再会したの。で、その後はあなたも知っての通りってわけ。>

the rest は「その話の続き」、
history は 「よく知られている事実」
という意味です。

I prefer not to.

そうすることは、あえて望みません

1. ディナーパーティー

A. Do we have to invite your parents?
<あなたのご両親も招待しなきゃダメ?>

B. We don't have to, but is there a problem if we do?
<ダメってことはないけど。もし呼んだら何か問題でもある?>

A. No, but I'd prefer not to.
<ないわ。でも出来れば呼びたくないの。>


2. 居留守

A. Emily's been calling you since this morning. Answer the phone.
<今朝からエミリーがずっとあなたに電話かけてきてるのよ。出なさいよ。>

B. I prefer not to.
<あえて出ないようにしてるんだよ。>

A. What's going on with you?
<一体どうしちゃったの?>

It might sound cheesy but

ベタな言い方かもしれないけど

1. 最強のチーム

A. This is the best team I've ever had.
<これこそ史上最強のチームだ。>
B. It might sound cheesy but I love each and every one of you here.
<ベタな言い方かもしれないけど、ここにいる皆1人1人を愛してる。>
A. Thank you. You're the best.
<ありがとう。君だって最高だよ。>

2. 期待はずれの映画
A. I didn't really like how the movie ended.
<映画の終わり方がいまいちだった。>
B. It was a bit disappointing.
<ちょっと残念だったわよね。>
A. It was such a cheesy ending if you ask me.
<僕に言わせれば、あれは陳腐な終わり方だった。>

cheesy は「チーズの入った」「チーズ味の」
という意味ですが、他にもたくさんの意味があります。
例えば誰かの発言がありふれていたり、陳腐に聞こえた時、
あるいは何かの作りが下品で安っぽい、無理矢理感がある、
などといったことを表現したい時に便利な単語です。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

takamna

ノーマルライターです。

ピックアップ

語学・学習 ランキング

12月8日 ( 日 ) にアクセスが多かった記事はこちら!