すぐに使える英語フレーズ・少額を取り立てる

2019年11月30日更新 view: 194 view
matomater-original

nickel-and-dime

少額を取り立てる

1. 記帳後の残高

A. What? It's a lot less than I thought.
<あれ?思ったよりずっと少ないわ。>
B. Are they nickel-and-diming you with fees as usual?
<いつもみたいに、ちょこちょこ手数料を取られてるの?>
A. Looks like it.
<そのようね。>

2. 無料説明会
A. Are you sure it's free?
<これ本当に無料なの?>
B. That's what it says right here.
<ここにそう書いてあるよ。>
A. I don't know…. they might try to nickel-and-dime us.
<どうかしら……私たちから少額をせびり取ろうとしてるのかも。>

nickel は「5セント」、dime は「10セント」のことです。
nickel-and-dime と2つを繋げてできた動詞は、
あれやこれやと少額を人から取り立てる、という
ニュアンスになります。
主にアメリカやカナダで使われる口語表現です。

Just so you know,

念のために言っておくけど

1. もうすぐ感謝祭
A. Thanksgiving is around the corner.
<もうすぐ感謝祭だな。>
B. It is. Just so you know, I'm not inviting your friends this year.
<そうね。念のために言っておくけど、今年はあなたの友達は招待しないわよ。>
A. I know. You told me that like 100 times already.
<わかってるよ。君それ、もう100回くらい言ってるよ。>

2. パーティー
A. Do you know what time the party starts?
<パーティーが何時に始まるか知ってる?>
B. It starts at seven. Just so you know, I'm not going tonight.
<7時開始よ。念のため言っとくけど、今夜私は行かないから。>
A. You aren't? How come?
<行かないの?どうして?>

matomater-original

1. フェンスのペンキ塗り

A. What do you think of the color of our new paint?
<新しいペンキの色、どう思う?>
B. Looks amazing! Thank you for spending so much time on this.
<素敵!これをするのにたくさん時間を費やしてくれてありがとう。>
A. No problem.[ ]
<お安い御用さ。そんなに長くはかからなかったよ。>

2. フライト

A. How was the flight?
<飛行機はどうだった?>
B. It was okay. [ ]
<まぁそこそこね。足回りのスペースがあまりなくて。>
A. That's too bad. You should do some stretches.
<それは残念だったね。ストレッチでもしたらいいよ。>

3. 家の下見

A. I like this house a lot.
<この家、すごく気に入ったよ。>
B. Me too, except this tiny kitchen.
<私も、この小さなキッチン以外はね。>
A. [ ]
<すごく狭いよね。>

4. 友達の裏切り

A. How can he do this to me? I'm very upset.
<あいつが僕にこんな仕打ちをするなんて!ものすごく動揺しちゃってるよ。>
B. [ ]
<あなたの気持ち、わかるわ。>
A. I thought he was my best friend.
<あいつは親友だと思ってたのに。>

5. 新留学生

A. I heard you're having a hard time making friends here.
<ここで友達作りに苦戦してるって聞いたよ。>
B. I am. Everybody seems to be friends with each other already.
<そうなの。皆すでに打ち解けあってるみたいで。>
A. [ ]
<僕も去年、似たような経験をしたよ。>

6. 隠し事はナシ

A. Tell me everything about you.
<君のこと、全部話して。>
B. I did already.
<もう話したわよ。>
A. [ ]
<知られたくない過去の秘密が2つ、3つあるでしょう。>

7. 予定変更

A. I don't have much work to do lately.
<最近あまり仕事がなくてね。>
B. [ ]
<新しいプロジェクトの件はどうなってるの?>
A. We are still negotiating the contract details with our client.
<まだクライアントと契約書の詳細を交渉中なんだ。>

You'll grow into them by next summer.

来年の夏にはちょうどいいサイズになってるよ

1. 夏物セール

A. Those swim shorts are too big for me.
<その水着は僕には大きすぎだよ。>
B. I know but you'll grow into them by next summer.
<そうだけど、来年の夏にはちょうどいいサイズになってるよ。>
A. Do you think so?
<そう思う?>

2. ネットショッピング
A. I should order size 8 for Hannah.
<ハナにはサイズ8を注文したほうがいいな。>
B. Don't you think that's too big?
<大きすぎないかしら?>
A. No. She'll grow into them in no time.
<いや。あっという間にちょうどよくなるよ。>

逆に成長して着られなくなった場合は、
grow out of と言えばOKです。

These shoes fit like a glove.

この靴、サイズぴったりだよ

1. 靴売り場
A. These are really comfortable.
<これ、すごく履き心地がいいな。>
B. Why don't you walk around a little and see how they fit?
<ちょっとその辺を歩いて、フィット感を確かめてみたら?>
A. These shoes fit like a glove.
<この靴でサイズはぴったりだよ。>

2. 姉のお下がり
A. You look amazing!
<とっても素敵だよ!>
B. Thanks. This is a hand-me-down from my sister. It fits me like a glove.
<ありがとう。これは姉のお下がり。サイズがピッタリでね。>
A. It looks brand new!
<新品に見えるよ!>

直訳は「手袋のようにぴったり合う」ですが、
何かが「ちょうどいいサイズである」こと、
または「しっくりくる」ことを強調して
表現したいときによく使うフレーズになります。

I'm snowed under with work.

仕事に追われて、てんてこ舞いなんだ

1. 明日は飲み会
A. I'll see you at Paul's house tomorrow night.
<明日の夜、ポールの家で。>
B. I won't be there. I'm snowed under with work right now.
<私は行かないわ。今仕事に追われて、てんてこ舞いなのよ。>
A. That's too bad.
<それは残念だな。>

2. やっと友人から電話
A. Sorry I haven't returned your calls.
<全然電話折り返せなくてごめん。>
B. No worries. Is everything okay?
<気にしないで。色々大丈夫?>
A. Yes. It's just that I've been snowed under with work lately.
<あぁ。ただ最近仕事がものすごく忙しくて、身動きが取れなくてね。>

be snowed under は「ドカ雪に降られて埋もれた/
身動きが取れない状態」を指します。
今日のフレーズは「ものすごい量の仕事に追われて、
てんてこ舞いだ」と言いたいときの定番フレーズになります。

スポンサードリンク

Hi, stranger!

久しぶりだね!

1. 久々の本社出張
A. Long time no see, Lisa.
<ご無沙汰だね、リサ。>
B. Hi, stranger! How have you been?
<久しぶり!元気にしてた?>
A. Pretty good, you?
<あぁ、元気だよ。君は?>

2. 久々に友達と再会
A. Hi, stranger!
<久しぶり!>
B. Hi. So happy to finally be able to get together.
<こんにちは。やっと会えてうれしいわ。>
A. I know, it's been a while.
<しばらくぶりだもんね。>

stranger とは「見知らぬ人」「よそ者」といった
意味ですが、しばらくご無沙汰だった知人に挨拶
として使うと「久しぶりだね」という意味になります。
「誰だっけ?」と少しおどけたニュアンスで
使われることが多いです。

I'm not good with thrill rides.

絶叫系の乗り物は苦手

1. 遊園地にて
A. Aren't you coming with us?
<僕たちと一緒に来ないの?>
B. No, I'll wait here. I'm not good with thrill rides.
<ううん。ここで待ってる。絶叫系は苦手なの。>
A. I didn't know that. We'll be back in a while.
<知らなかったよ。ちょっとしたら戻ってくるから。>

2. 人の名前
A. I've seen you somewhere. What's your name?
<どこかで会ったよね。名前なんだっけ?>
B. Alison. We met at Jason's wedding in the summer.
<アリソンよ。夏にジェイソンの結婚式で会ってるわ。>
A. That's right. Sorry. I'm great with faces but I'm not very good with names.
<そうだった。ごめん。顔を覚えるのは超得意なんだけど、名前を覚えるのは実はちょっと苦手でさ。>

ジェットコースターは英語で roller coaster となります。
和製英語に注意してください。

以前「〜を扱うのが上手い」というニュアンスで
good with のフレーズをご紹介しましたが、
今日のフレーズは not がついたバージョンで
「〜が苦手」というニュアンスになります。
thrill rides はジェットコースターなど絶叫系の乗り物を指します。

I'm getting braces soon.

もうすぐ歯科矯正を始めるんだ

1. 矯正歯科の予約
A. I can't play with you after school today.
<今日は放課後遊べないんだ。>
B. How come?
<どうして?>
A. I'm going to an orthodontist. I'm getting braces soon.
<矯正の先生のところへ行くんだ。もうすぐ歯の矯正を始めるから。>

2. メガネ
A. I'm getting glasses soon.
<近々メガネを作るよ。>
B. Are you?
<そうなの?>
A. Yeah, I need them for driving.
<あぁ、運転に必要でさ。>

矯正歯科は orthodontist と言います。

歯科矯正装置は英語で braces と呼びます。
北米では早いと小学校低学年から歯科矯正を始める
子もおり、日常会話のトピックになることも珍しく
ありません。
ちなみに今日のフレーズのように、近い将来
「そうなる」ことが決まっている事柄に対して、
ネイティブは未来形ではなく現在進行形を好んで用います。

Time goes by fast.

時間が経つのはあっという間だ

1. もうすぐ師走
A. l can't believe it's almost December.
<もうすぐ12月だなんて信じられない。>
B. 2019 is almost over.
<2019年ももう終わりだね。>
A. Yeah. Time goes by fast.
<そうね。時間が経つのはあっという間だわ。>

2. 誕生日
A. Your birthday is right around the corner.
<もうすぐ誕生日だね。>
B. I'll turn 50! Time goes by so fast as you get older.
<50だよ!年をとると本当に時間があっという間だよ。>
A. I couldn't agree with you more.
<まったくその通りね。>

Time goes fast. としても同じです。

他にも同じ意味で Time passes by quickly.
という言い方もあります。

I wouldn't get my hopes up too high.

あんまり期待しないほうがいいかも

1. 姉弟の会話
A. I don't think we're going anywhere this Christmas.
<今年のクリスマス、うちはどこにも行かないと思うわ。>
B. Mom was talking about taking us on a ski trip to Canada.
<ママはカナダにスキー旅行に連れて行ってくれるって言ってたよ。>
A. I wouldn't get my hopes up too high.
<あんまり期待しないほうがいいかも。>

2. 部内会議
A. We have to work on a tight budget next year.
<来年は厳しい予算の中でやりくりしなくちゃいけません。>
B. Don't get everyone's hopes up about a big raise.
<皆には大きな昇給があるような期待はさせないように。>
A. Okay. I won't say anything.
<わかりました。私からは何も言いません。>

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

takamna

ノーマルライターです。

ピックアップ

語学・学習 ランキング

12月7日 ( 土 ) にアクセスが多かった記事はこちら!