鉄道オタク番組「タモリ倶楽部」のマニアックな鉄道企画がすごい

2019年12月5日更新 view: 23 view
matomater-original
matomater-original

テレビ朝日で毎週金曜日の深夜24時20分から放送している「タモリ倶楽部」。放送開始が1982年10月ですから、今年の10月で満37歳という長寿番組です。

タレントのタモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合うのですが、取り上げるテーマは極めてマニアックで、取り上げ方もオタク目線。半端じゃない掘り下げ方をします。

中でも鉄道企画は特に人気の企画と言えるでしょう。

鉄道オタクの有名人を「タモリ電車クラブ」の会員に認定

matomater-original

タモリ電車クラブ(TAMORI TRAIN CLUB)

当番組ではそれまでも数多くの鉄道企画を行ってきたが、2006年2月18日放送分(関東地区)で、番組内において「タモリ電車クラブ」(TAMORI TRAIN CLUB)を発足させた。

会員No.
クラス
会員名
入会日
備考
No.0001

森田一義


No.0002

原田芳雄
2011年7月19日死去
No.0003

向谷実
元・カシオペアキーボーディスト
No.0004

南田裕介(ホリプロマネージャー)
元・豊岡真澄担当マネージャー
No.0005

東出有輝(東京地下鉄(東京メトロ)社員)
元サンズエンタテイメントマネージャー
No.0006

勝田和宏(テレビ朝日報道局社会部記者)
元・テレビ朝日アナウンサー
No.0007

ほんこん(130R)

No.0008

芦沢教授
2006年2月18日
「タモリ電車クラブ 入部審査会」

No.0009

吉川正洋(ダーリンハニー)

No.0010

岡安章介(ななめ45°)

No.0011

岸田繁(くるり)
2007年1月20日・1月27日
「赤い電車に乗って京急車両工場へ行こう」
くるりは当時の京急CFソング「赤い電車」も制作
No.0012

松尾貴史

No.0013

田中要次
2007年12月8日・12月15日
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!!」
元東海旅客鉄道(JR東海)社員
No.0014

豊岡真澄
結婚・妊娠により芸能界引退
引退後はブログやSNS、鉄道関係のイベント等で活動継続中
No.0015

土屋礼央(RAG FAIR・ズボンドズボン)

No.0016

原田喧太
原田芳雄の息子
No.0017

真田喜延(オスカープロモーションマネージャー)
2007年8月11日
「地上で地下鉄の音を聴く!?東京聴き鉄MAP」

No.0018

長嶋智彦(ダーリンハニー)
2008年6月21日・6月28日
「新渋谷駅&東急東横線に潜入!!」

No.0019

堀部圭亮
元パワーズ、元K2
No.0020

六角精児
2011年12月10日・12月17日
「夢の大型鉄道企画 京急タモリ線を敷こう!」

No.0021

越中詩郎

No.0022

市川紗椰
2015年2月21日・2月28日
「JR初進出!鶴見線&南武線直通列車で満喫旅」

★ - ゴールド会員、● - シルバー会員、● - メタリックピンク会員(女性用)
クラブ発足にともない行われた「タモリ電車クラブ審査会」では他にやまもとまさみ、星野卓也も審査会に臨んだが入会を認められなかった。
鉄道関係の企画のオープニングでは、会員同士でこの会員証を見せ合うことが恒例となっている。

matomater-original

ゲストとして出演したい鉄道ファンの有名人を「タモリ電車クラブ」の会員に認定していて、会員数は20人以上。役者の六角精児さんや堀部圭亮さん、ホリプロマネージャーの南田裕介さん、モデルの市川紗椰さん、それに厳密にいえば会員ではないのですが、元・アイドルグループ「私立恵比寿中学」の廣田あいかさんなどが常連です。

スポンサードリンク

東急東横線の渋谷駅や小田急線の下北沢駅が地下化された前後には特別電車を走らせてもらって名残を惜しんだり、2012年に東京メトロ銀座線に黄色い車体の1000系が投入された際は、デビュー前の段階で工場内に潜入させてもらったりしています。

一昨年はJR発足30周年を記念し、山手線1周分の各駅の精巧な模型をタカラトミーの「プラレール」を使って完成させた、プラレール愛好会の人たちを紹介していますし、都営地下鉄の路線図作成をコンペで勝ち取った個人のデザイナーに、路線図のポイントを説明してもらったりしています。

タモリ倶楽部

『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組。モノステレオ放送[注 1]、ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

takamna

ノーマルライターです。

ピックアップ

ニュース・ゴシップ ランキング

1月20日 ( 月 ) にアクセスが多かった記事はこちら!