LINEPayは、LINEPay残高を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始

2019年12月9日更新 view: 94 view
matomater-original

残高を他人の銀行口座に振込可能にするのは、国内決済事業者として初。

振込手数料176円/回(税込)。

LINE Payアプリ、およびLINEアプリから利用可能。

LINE PayアプリはiPhone、Android端末ともに対応、LINEアプリはAndroid端末のみの対応で、iPhone版は近日開始予定。

既存のLINE Payアカウントへの送金機能と同様、LINE Money(本人確認済)ユーザーのみ利用可能。

matomater-original

LINE Payの銀行口座振込サービスは、相手の銀行口座情報が分からなくても、相手の名前と電話番号・Eメールアドレスのいずれかを知っていれば振込可能。法人の口座への振込も可能で、習い事の月謝、商品購入代金、受験料、家賃等の支払いにも利用できるとしている。

振込方法は、LINE Payアプリ、もしくはLINE内「ウォレット」タブの「送金」から、「口座に振込」を選択。相手の口座番号を知っている場合は「口座番号」、電話番号やメールアドレスを知っている場合は「SMS・Eメール」を選択し、必要情報を入力。振込額を設定し、口座情報や手数料の確認をした上で、あらかじめ設定した6桁のLINE Pay専用パスワードを入力する。手続完了後、最短で即時に相手の口座に入金される。

電話番号やメールアドレスで振り込んだ場合、受け取る側は手続きが必要。SMSやEメールで届く送り手からの振込通知に表示されているリンクをタップして、振り込まれた内容を確認。振込通知受領後、別途SMSやメールで認証番号が通知されるので、認証番号を入力して本人確認を行ない、受け取りたい口座情報を入力することで受け取れる。

振込通知の有効期間は送り手から通知を受け取った当日を含む7日間。有効期限が切れた場合は振込金額を受け取ることができず、送り手の残高に返金される。

口座番号での振込では、受け取り側は自身の口座で着金の確認ができる。

24時間365日利用可能。送金・送金依頼の履歴は直近最大20件。同じ相手に定期的に振り込む場合、都度の情報入力の手間が省略できるとしている。

matomater-original

24時間365日利用可能。送金・送金依頼の履歴は直近最大20件。同じ相手に定期的に振り込む場合、都度の情報入力の手間が省略できるとしている。

LINE Payでの送金・振込には、スマートフォン端末やLINEアプリのパスワードとは別途、専用パスワードの入力が必須であること、残高額内からの送金・振込であることが安心につながるとしている。

スポンサードリンク
matomater-original
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

takamna

ノーマルライターです。

ピックアップ

ニュース・ゴシップ ランキング

1月26日 ( 日 ) にアクセスが多かった記事はこちら!