ネットだけで流行するラーメン二郎 「ラーメン二郎はラーメンではない」

2013年6月22日更新 view: 136 view
1 :ほのか : : 2013/06/22(土)

ご存じない方に説明すると、「ラーメン二郎」とは東京都港区の三田に本店を構えるラーメン店。ラーメンはかなりのボリュームがあり、麺の上には「ブタ」と呼ばれる叉焼(チャーシュー)と大盛りの野菜がのせられる。
特徴的なのは、注文時に店員から「ニンニク入れますか?」といった具合
に無料のトッピングを訊かれた際の応答にある。多めにしてほしいときは“マシ”という用語を使い、たとえば「野菜たっぷりニンニク多め」が希望ならば「ヤサイマシマシニンニクマシ」のように希望を伝えるのだ。もはや謎の呪文のようである。

 しかし、本店には大行列ができるとはいえ、「ラーメン二郎」はいわゆるラーメンランキングなどで1位に選ばれている店ではない。それなのに、なぜこれほどまでにネット上には「ラーメン二郎」の情報が氾濫しているだろうのか。

 その謎に迫っているのが、ラーメンから日本の現代史を解き明かした新書『ラーメンと愛国』(速水健朗/講談社)だ。本書によれば、ジロリアンは「一般のラーメンマニアとはちょっと性質の違う嗜好を持った人々である」という。有名ラーメン店を食べ歩いたり、
隠れた名店を発掘するなど、一般的なラーメンマニアはそうした“情報量に価値を見出す”存在。しかし、ジロリアンはラーメン二郎にしか興味がない。ジロリアンに言わせれば「二郎はラーメンにあらず。二郎という食べ物なり」。
ラーメン二郎とは「ラーメン屋というよりは、信仰の対象のような存在」なのだそうだ。

 では、どうしてここまで信者が増加しているのか。その理由を、著者は「一風変わったラーメンチェーンの中に見え隠れする理念の体系のようなものを自分たちで見いだし、その中から勝手にルールをつくり出して、それに則ったゲームを行っている」と分析する。
「マシマシ」などの特異な専門用語や、ラーメンの目を見張るほどの豪快さに加えて、チェーンなのに店舗によって味が異なるため、ジロリアンたちは「まるでスタンプラリーに参加するかのように」各店舗を巡礼。

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130622/Davinci_002369.html
2 :裕紀 : : 2013/06/22(土)
家畜のえさ
5 :典明 : : 2013/06/22(土)
ぶたのえさ
6 :由香子 : : 2013/06/22(土)
チェーンじゃなくね?
7 :宣夫 : : 2013/06/22(土)
>>2で終わってた
8 :千枝 : : 2013/06/22(土)
マシマシなんて通じないとこ多いんだが
10 :卓 : : 2013/06/22(土)
札幌二郎
ヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラ
14 :蓮菜 : : 2013/06/22(土)
二郎の何が凄いって
その外観ゆえに豚のエサなどと揶揄されているが
実は食べてみたらメチャクチャ美味い、とかそんなことは全くないということ
15 :美貴子 : : 2013/06/22(土)
デスロットがなんたらかんたら
17 :朴紀 : : 2013/06/22(土)
とりあえず食いづれーのよ
19 :百合子 : : 2013/06/22(土)
今の時代必要なのは味よりステマにかける費用
手始めにニュー速に二郎スレを立てまくるのだ
20 :詠子 : : 2013/06/22(土)
面白がってネタで書き込んでた奴が大半だからな
実際は糞マズイし
22 :珠理衣 : : 2013/06/22(土)
まずい

行ったことないがまずい
23 :美月 : : 2013/06/22(土)
一回食ってみてえ
食いたくないけど
24 :裕二 : : 2013/06/22(土)
とりあえず食い物なんだから見た目は美味しそうにしたほうがいいと思う
27 :衣美 : : 2013/06/22(土)
食いに行ってみっか
28 :明衣 : : 2013/06/22(土)
リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽんのほうが上だと思う
30 :正俊 : : 2013/06/22(土)
札幌駅近くにできた次郎にまだ人並んでてワロタ
なにがうまいんだよあれ
31 :江理 : : 2013/06/22(土)
ネットで見る→面白半分で入店→写真・動画が目的だからトッピングしまくりたい
って流れだと勝手に思ってるけど最近変なの多いぞ。

客「(食券置いて)全マシマシマシ!」
店員「あっ、トッピングは後ほど伺います」
10分後
客「全マシマシマシマシマシ麺バリカタ」
店員「すみません、麺の硬さは今言われても」
客「あぁ!?」
35 :萌子 : : 2013/06/22(土)
たぶん

食うには遺書がいるレベル
40 :安弘 : : 2013/06/22(土)
山食のカレーと二郎のラーメンは、慶大生なら1回食べとけというレベル。
普段は田町で食べてたな。
43 :直浩 : : 2013/06/22(土)
元々大学の身内ノリで大盛りの店行ってさらに大盛りとかバカやってたのがネットで拡散するようになったってだけだろ
博多ラーメンのバカみたいに茹でないのが生まれてった経緯と似たようなもんだ
53 :未生 : : 2013/06/22(土)
本来ラーメンなんてもんは安くて美味くてお腹いっぱいになる麺料理
素材や作り方にこだわりすぎて小さいチャーシュー1枚とメンマとネギ、小さい鳥肉2枚と白髪ネギが10本ぐらい乗っかっただけのラーメンが950円とかで出してる自称澄んだスープがうちの自慢ですよラーメン店よりは二郎の方がよっぽどマシなんじゃないの?
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ