脂肪燃焼のゴールデンタイムを利用して、ダイエットの効率を著しく上げる方法

2013年8月6日更新 view: 302 view

食べたから、運動するより
食べる前に、運動した方が、ダイエットの方法としてよい

食事をした後
脂肪にならないように、運動することは
無駄なわけではありません

しかし、食事をしたあと30分位は
栄養を体に配給している時間なので

スポンサードリンク

ダイエットの効率から、考えますと
消化が終わり胃を休憩させたあげる

その後、運動する方が
脳の働きも、消化をしながら、エネルギー燃焼といった
同時進行をしないため

脳も体も負担かけないで、1つの事に集中でき
ダイエットの成果にも繋がると思います
食べた後に、運動するなら、食後すぐではなく
30分ほど間を取りましょう

食前の空腹中に運動することは
内臓脂肪が主に燃焼するので(おなか周りの脂肪)

ダイエットするには
とてもうれしい時間帯です!

しかし、とてもお腹が減っているし
力も出ないし、継続していくには
ちょっとハードかも

運動することにより
血糖値もあがるので、空腹感も和らぐにせよ
人によっては、ぎゃくに、我慢した後の
食事がとてもおいしく感じて
食べ過ぎちゃうかもしれませんね

他には、運動するとおなか減る~って方は
自分でついつい
運動をセーブしているかもしれませんよ

ダイエットを同じ時間するなら、ここぞ!って感じで
食事をする前に有酸素運動はいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

パプリカ

体のケアや心のケアまとめーたー 9月:8位 パプリカ ノーマルライター 総記事数: 312 ( 22524 unique)=80円でした(*^_^*;) 自分磨きと心理学|インナーチャイルドを癒す旅

ピックアップ

美容・ビューティー ランキング

1月16日 ( 月 ) にアクセスが多かった記事はこちら!