ほうれい線に日々抵抗する手段

2014年10月12日更新 view: 3 view

鏡を見る度に、目にとびこんできる、憎っくき「ほうれい線」。

年をとれば当たり前にできてしまうほうれい線ですが、年齢を実感させられるようで、女性にとっては本当に深刻な問題ですよね。

できることなら、一生シワとは無縁に生きて行きたい。 だけど、それは無理な話です。

ほうれい線があるのとないのでは、見た目の若々しさにもずいぶん違いが出てきます。

女性なら「なんとか消したい!」と対策を考えることでしょう。

少しでもシワをつくらないでキレイでいられるように、今できることからはじめませんか。

ほうれい線ができる原因とは

  • ハリや弾力の低下
  • 乾燥
  • 紫外線
  • 表情筋の衰え

これらが口元に見られるほうれい線ができる原因だと言われています。

ほうれい線対策のための日々の日課

ほうれい線をこれ以上深くしないために、毎日の生活の中でできることをご紹介します。

乾燥を防ぐ

なんといっても、ほうれい線の最大の原因は乾燥!

スポンサードリンク

夏より乾燥しがちな冬の方が確実にほうれい線は進行します。

やりすぎ?!っていうくらい保湿した方がいいくらいかもしれません。

十分な睡眠

美肌の元は、眠っているときに作られます。

長く眠ればいいというわけではなく、シンデレラタイム(22:00?02:00)に眠っていることがお肌にとってとても重要なことです。

寝不足には気をつけ、早寝早起きを心がけましょう。

上質な眠りのために、就寝グッズ(枕や布団)などにお金をかけてみるのもよいでしょう。

寝ジワを防ぐためにも、うつ伏せや横向きで寝ないようにすることも大切です。

ストレスをためない

一切のストレスをなくすことは無理でも、少しでも減らすことはできます。

ストレスは肌にも身体にも心にも良くありません。上手に発散しましょう。

紫外線を浴びない

夏だけでなく、春先も危険な紫外線。

肌に蓄積されると、様々な肌トラブルを引き起こすこともあります。

なるべく帽子をかぶる、日傘をさす、日焼け止めを塗るなど、十分な対策をしてください。

栄養バランスの取れた食事をする

ただ食事をするだけでなく、色々な栄養をバランスよく摂ることが大事です。

どれも、今すぐ実践できることばかりです。

ほうれい線対策のためだけでなく、美容全般、身体や心にも影響のあることですので、どれもぜひ実践してみたいところですね。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

Mio Yasuda

今月も報酬ゲットするよーーー!!!

ピックアップ

美容・ビューティー ランキング

8月15日 ( 水 ) にアクセスが多かった記事はこちら!