ウォーレン・バフェットの投資方法

2014年10月12日更新 view: 5 view
photoBy: http://baffett.web.fc2.com/gazou/1_129.jpg

優秀な企業の株をまずまずの価格で買った方が、まずまずの企業の株を最高の価格で購入する良い断然良い。

バフェットは多少の値上がりを期待して株を持たず、永久的に株を持ち続けることを一番だと言っている。

企業の体質

  • 事業内容が明確である。日常生活に必要な洗剤、消耗品、食料品などの企業が好ましい
  • 業績が安定している
  • 将来の見通しが明るい

経営者の資質

  • 経営者が有能である
  • 経営者は誠実である
  • 経営者は株主を常に尊重し、株の価値を高めることを考えている
  • 経営者は従業員と良好な関係を築いている

銘柄選択

  • 過去10年間利益を出し続けており、収益は拡大傾向
  • 無借金体質、負債があっても3年以内の収益で返済可能
  • 株主資本利益率 ROE が 12%以上あり、過去の数値を一環して越えている
  • インフレ率と同率、あるいはそれ以上に販売している商品や提供しているサービスの価格を値上げしている。

購入時期

  • 株価が低迷し、企業価値よりも割安になったとき。
  • 企業が致命的でないトラブルに巻き込まれ株価が企業価値よりも割安になったとき
  • 割安になるまで根気よく待つ

投資スタンス

スポンサードリンク
  • 企業情報の収集に努め、投資先を厳選
  • 事業内容や収益源を理解できない企業には投資しない
  • 企業体質、経営者資質に問題無ければ購入した株は永久保有(最低5年)する
  • 企業経営には口出ししない
スポンサードリンク

関連カテゴリ