9月18日にBSプレミアムで放送予定の「旅のチカラ」ピンチ!?俳優の柄本明ら強盗事件に巻き込まれたか

2013年8月15日更新 view: 10 view

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130815-OHT1T00021.htm

ペルーの首都リマ郊外でNHKの番組スタッフらが撮影用カメラなどを奪われた強盗事件で、俳優の柄本明10+ 件さん(64)が巻き込まれていたことが14日、分かった。柄本さんとスタッフにけがはなかった。

 関係者によると、柄本さんは大きなショックを受けているという。すでに出国に向け準備を進めており、近く帰国する。20日からは都内で舞台に出演する予定。

地元紙などによると、事件は現地時間の10日午後2時半ごろ発生。柄本さんらが劇団を訪問し、収録を進めていたところ、複数の武装強盗が威嚇射撃をしながら、侵入。銃口を向け、抵抗した劇団関係者を殴ったという。強盗はカメラやマイクなどの機材を奪い、車で逃走した。

収録していた番組は、9月18日にBSプレミアムで放送予定の「旅のチカラ」。NHKが外部委託したスタッフ4人と、柄本さんとマネジャーが約2週間、同国に滞在する予定だった。NHKは「放送するかどうか検討中」としている。場所はリマ市郊外のヴィラエルサルバドルで一部地域は治安が悪化している。

 柄本さんは個性派俳優として知られ、数々の映画賞を受賞。2011年には紫綬褒章を受章している

photoBy: http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/img/100909_img_1.jpg
                
スポンサードリンク

<柄本明のプロフィール>
「柄本明」は、 東京都出身の俳優&コメディアン。愛称は「えもっちゃん」。特異な容貌と独特の存在感でテレビや映画などで活躍する人物。生家が歌舞伎座の裏手にあったことや、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが俳優を志すきっかけのひとつになったとのこと。1974年に自由劇場へ参加し俳優として活躍。1976年に自由劇場時代に知り合った、ベンガル・綾田俊樹らと共に「劇団東京乾電池」を結成。1982年に『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』や『道頓堀川』でブルーリボン賞 助演男優賞を受賞。1998年に『カンゾー先生』で第23回報知映画賞最優秀主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。2004年に『座頭市』などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。シリアスな演技だけではなく、笑いを呼ぶ演技での評価も高い人物であり、『志村けんのだいじょうぶだぁ』や『志村けんのバカ殿様』などで、志村けんとのコントは息がピッタリで印象深いが、本人は「コントは志村さんとしかやらない」と明言している。また、1976年~1978年までベンガル・綾田と共に、『ひらけ!ポンキッキ』のお兄さんも務めていた。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

パプリカ

体のケアや心のケアまとめーたー 9月:8位 パプリカ ノーマルライター 総記事数: 312 ( 22524 unique)=80円でした(*^_^*;) 自分磨きと心理学|インナーチャイルドを癒す旅

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

9月21日 ( 土 ) にアクセスが多かった記事はこちら!