福知山市の花火大会の会場で2回にわたって爆発事故!!!

2013年8月16日更新 view: 6405 view
photoBy: http://mg24live.net/up-l/s/img1376640588158.jpg
photoBy: http://mg24live.net/up-l/s/img1376643568154.jpg

15日夜、京都府福知山市の花火大会の会場で起きた爆発事故で、現場では2回にわたって爆発が起き、いずれも露店の自家発電機の燃料として使われていたガソリンに引火して起きた可能性の高いことが、消防への取材で分かりました。警察と消防は、露店の店主のガソリンの取り扱いに問題があったとみて、事故当時の状況をさらに詳しく調べています。

15日夜、京都府福知山市の花火大会の会場で起きた爆発事故では、見物客など60人がけがをして、このうち3人が重いやけどをし、全身にやけどを負った13歳の少年が意識不明の重体になっています。警察と消防は16日、爆発が起きた露店の周辺を中心に、一部が焦げた露店の自家発電機や予備の燃料を入れる携行缶の写真を撮るなどして、事故の詳しい状況を調べました。

警察や消防によりますと、爆発は河川敷の営業していた露店で最初に起き、その後、隣の露店付近で2回目の爆発が起きたということですが、消防が爆発の様子を写した映像を詳しく分析したところ、いずれも気化したガソリンが激しく燃える時に特有の炎が確認されたということです。

また、調べでは、現場に置かれていたプロパンガスのボンベに損傷はなかったということです。消防は、2回の爆発はいずれも露店の自家発電機の燃料として使われていたガソリンに引火して起きた可能性が高いとみて、調べを進めています。また警察は、業務上過失傷害の疑いで捜査するとともに、現場で自家発電機のタンクからガソリンが霧状になって噴き出した様子が目撃されていることから、露店の店主のガソリンの取り扱いに問題があったとみて、事故当時の状況をさらに詳しく調べています。

一瞬にして地獄のように花火を見に来ていた76歳の男性は「事故が起きる前は、河川敷にたくさんの出店が出て大勢の人が集まり、にぎやかな雰囲気だった。しかし突然、炎と煙が上がり、その3、4分後にはどーんという大きな音がして火柱が上がった。服が燃えている人や『痛い、痛い』と叫ぶ人などが多く出て、現場は一瞬にして地獄のように変わってしまった。とても怖かった。みんなが楽しみにしていた花火大会でこんなことが起きて残念です」と話していました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130816/t10013829561000.html

ネットユーザーの反応

ひ・・引火

あづいあづいいいいいいいいいい

スポンサードリンク

露天露天って何屋が爆発したの?

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

applepie

よろしくお願いしますニャ。

ピックアップ

ニュース・ゴシップ ランキング

11月20日 ( 月 ) にアクセスが多かった記事はこちら!