株は安く買って高く売れをチロルチョコで解説

2014年10月12日更新 view: 32 view
photoBy: http://news.mynavi.jp/series/gkabu/016/images/060.jpg

何で株を安く売って高く売ることができないのか?

スイングトレード(長期で持っている株)

長期で持てば持つほど株価は本来の株価に収束する。
つまり、良い会社の株は値上がりし、悪い会社の株は値下がりする。
よって、悪材料が出たときの寄りつきで買うと良い。

ただ、だらだら下げるような株は持つべきでない。

デイトレード(短期トレード)

デイトレードの場合は、世界中の投資家が一斉に材料の出た株に朝一番で飛びつく。
株なんて本来、値段があってないような物だ。
それを全世界のトレーダーが一気に値段をつける。
そこには必ず誤差が生じる。
この誤差で安い物を狙っていけばいいわけだ。

チロルチョコ20円が値上がりするとしたら買いますか?

photoBy: http://a341.phobos.apple.com/us/r1000/078/Purple/v4/8b/25/71/8b257198-fa13-f025-968b-4d23f1016f2a/mzl.ttrzfmjt.png

値段が上がる場合

チロルチョコが値段 50円になりました。
たぶんあなたは買わないでしょう。

だって、所詮価値が 20円のものなんです。

でも、値段が 50円 180円 280円・・・とどんどん上がっていったらどうなるか。

もっと上がるんじゃ無いかって。間違いなく、飛びついて買います。

でも、本来値段が上がってる時に一番儲けることができるのは誰でしょうか。
20円のものを 280円で買っているアナタでしょうか?

それとも、20円の物を280円で売っている業者でしょうか。

同じ価値の物を 高く売る業者(トレーダー)が儲けることが出来て、
同じ価値の物を 高く買う業者(トレーダー)が損する。
だから、値段が高い時に売れって事ですね。

値段が下がる場合

チロルチョコが値段下がる場合。
たとえば 1円になりました。
あなたは買う気しますか?

何となく安いものは買わない。
もっと下がるんじゃ無いの?
何かあるんじゃないの?って。

でも、同じチロルチョコです。
違うのは値段だけ。

安く仕入れて高く売る。

これが商売(トレード)の鉄則です。

安いときに買って高く売る。
だから安いからこそ、買うべきなんです。

急落、急騰を狙う

価値は収束する

株、チロルチョコは誰がどんな状況で売りに出すかわからない。
たとえば

  • 大株主の相続のために売りを出した
  • 他の株で多くの損失を出して追証になり手放した
  • 利益確定のために手放した

など。
こういう一気に売られたときが買いのチャンスです。
一時は安くなっても良いものは必ず値段が上がる。

良いものだから買いたい人がいるんです。
本来20円のチロルチョコが何らかの理由で5円で売られていた。

だったら5円で買って、15円で売ればいいわけです。
割引したとしても、利益でますよね。

だらだら下げに気をつけろ

株価は下がっても上がるとは限らない

一瞬で大幅に値段が変わるのは何らかの事情があるから。
とくに株、チロルチョコの品質に問題も無いのに一気に変わる。

・・・

でも、長期間かけてだらだら下げる株。
こういう株は必ず損切りすること。
チロルチョコは今20円。
でもひょっとしたら 18円。 15円・・・。

下がるかもしれません。

だめだと思ったらすぐに損切ること。

上がっているからもっと上がるんじゃないか?

釣られて買うと大損する

上がっているからもっと上がるんじゃないか?
と思って飛びついてはいけません。
20円のチロルチョコが 80円の時に飛びついても所詮チロルチョコはチロルチョコ。

下手したら誰にも売れなくなり、大損をこくことになります。

最終的には不良在庫として、押しつけられます。

スポンサードリンク
photoBy: http://hairclub.sakura.ne.jp/sblo_files/hakodate-hairclub/image/080724_02.jpg

さいごに

株、チロルチョコは安い時に仕入れて、
高い時に販売する。
一人でパソコン向かってやっていると買う人の気持ちを考えませんが、
買う人はいくらなら買うだろう?
を考えて株式投資をすると、より利益を上げられるようになりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ