ダイアナ妃がスクリーンで蘇る! 映画『ダイアナ』は10月18日公開

2013年8月18日更新 view: 589 view
photoBy: http://dramanavi.net/news/assets_c/2013/08/20130816-00000004-dramanavi-1-00-view-thumb-200x137-17938.jpg
スポンサードリンク

1997年8月31日。ダイアナ元英国皇太子妃が交通事故で亡くなるという報道が全世界に流れ衝撃が走った。あの悲劇から16年。この夏、ロイヤルベビー誕生のニュースに沸く英国で、ダイアナ元妃を描く初めての映画が登場する。それが映画『ダイアナ』である。

20歳で迎えたロイヤルウェディング。二人の王子を得て、幸せの絶頂を迎えるはずだったダイアナ妃。ところが夫の不倫、王室との確執、マスコミとの攻防に傷つき疲れ果て、ついに離婚を決意。絶望の中で出逢ったのが、人命救助に全てを捧げる心臓外科医のハスナット・カーン。彼に支えられ、本気で世界を変えようと地雷廃絶運動などに取り組み始めるのだが...。

監督は『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。プリンセスではなく、ひとりの女性として自立していくダイアナの姿を描く。そしてダイアナ妃を演じるのは『21グラム』『インポッシブル』など、アカデミー賞主演女優賞に2度ノミネートされた実力派女優ナオミ・ワッツ。メイクや服装だけでなく、ささやくような話し方なども研究し、徹底した役作りで再現している。

なお、今回本作の吹替版では、TV・舞台などで活躍する米倉涼子がダイアナ妃の声を担当する。2012年の映画『アベンジャーズ』でスカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウ役で吹き替えの経験のある米倉だが、今回の難役を演じるにあたり、「現在38歳の私から見ても、同じ世代としてこんなにも世界中から注目を浴び、光と影を持った女性は未だダイアナを置いて他にいないのではないでしょうか。映画では、主演のナオミ・ワッツがダイアナ本人と見間違えるかのような雰囲気を完璧なまでに醸し出しています。私も皇太子妃として、母として、逞しく生き抜いたダイアナと向き合って、丁寧に心を込めて吹き込みたいと思います。今回の作品との出会いに感謝です」と語っている。

映画『ダイアナ』は、10月18日(金)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

ソース元: http://dramanavi.net/news/2013/08/1018.php

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

相互フォロー100%@tana_kan

まとめーたー面白い

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

6月23日 ( 金 ) にアクセスが多かった記事はこちら!