紫外線が特に多い月はいつか「紫外線対策」

2013年8月26日更新 view: 193 view

紫外線が特に多い月は!?

紫外線のピークは、3月ごろから徐々に増え始め6月~7月が1年の内で一番多い時期です
ですので、気温が高いからといって、紫外線量が多いわけではないんですよ

6月は梅雨であまり天気もよくないので平気かな?
と思いがちですが紫外線量は多いんですね
紫外線対策というと日差しが強くなったと感じて日焼けや止めクリームを
塗る方がいらっしゃいますが少し早めに、前の月から、塗ることをお勧めします
特に、5~8月の日差しは、注意ですね

紫外線対策 日焼け止めクリームの塗り方

外出時に浴びる日差しは、紫外線「肌容量」がいっぱいになると、シミが出来始めるようになります。
ですから、日焼けを起こすほどの日差しではなくても、
日焼け止めを、塗っることにより、「肌容量」を満タンになることを防ぐ意味があるので、
塗ることをお勧めします。

洋服から肌が外に出ている部分には、
実際に、下着やけなど、衣服を着ていても、日焼けの差が、あるのを感じませんか?
当然、肌が外に出ている部分は、対策するのは、とても、重要ですね。

2~3時間での塗りなおしなんて聞きますが、
商品にも、よりますし、日差しの強さにもよります。
面倒な方は、塗らないよりマシ!
開き直って、朝、夕方、意識して塗り直すといいかも。

紫外線対策 日傘 長袖の服 長ズボンを着る

日傘は、黒!しかも大きいの!定番ですね。
しかし、黒は、太陽の熱を吸収しやすく、サウナ張りに、傘をもったは、良いけど、
熱い!汗がよけい出るなんてことも。
体が隠れれば、位の気持ちで、傘をさすのも良いんじゃないでしょうか?

長袖の服を着る場合、ポリエステルか綿素材の目の詰まっているものなど
とくに夏には、紫外線対策の衣服も沢山でますので
紫外線対策になる素材かどうか、チェックは大切ですね。
長ズボンに関しても、同じですが、よくジーパンなど、なら平気と思っている方注意です!
日差しの強さによっては、ジーパンだって日焼けしますから、対策は、必要ですよ。

マスク、サングラス、帽子を身に付ける

マスク サングラス 帽子の中で、一番効果のある紫外線対策は?
そうです、目からも吸収されてしまう紫外線
肌容量が満タンになるきっかけをくれます。
風邪をこじらした気持ちで、マスクをして
熱中症対策に、深く帽子をかぶり
黒のデカいふちのサングラスをかければ...
あなたは、周辺の不審者です。

逆に、目立つような、大きな麦わら帽子これが、ヒントかも!
是非、不審者に間違われる事が、内容に、あまり、過度に気にしすぎは禁物

紫外線対策 台風だろうが降り注ぐ紫外線
対策出来る範囲で、頑張ろう!老いてくわたし(^・^)

紫外線は、晴の日の紫外線量を100%とすると、雨の日でも20~30%はあるといわれます
台風だろうが、雪降っていようが、降り注いでいることに変わりはありません
スカイツリーのてっぺんなど
標高が高いところに行くにつれ、紫外線量は多くなります
http://今を楽しむ.blog.so-net.ne.jp/2013-06-10-2

紫外線対策
photoBy: http://big-tail.com/img_tokushuu/uv/image.jpg
スポンサードリンク
紫外線対策
photoBy: http://release.center.jp/2009/06/1202_01.gif
紫外線対策
photoBy: http://www.uesugi-hifuka.or.jp/img/uv03.gif
スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

パプリカ

体のケアや心のケアまとめーたー 9月:8位 パプリカ ノーマルライター 総記事数: 312 ( 22524 unique)=80円でした(*^_^*;) 自分磨きと心理学|インナーチャイルドを癒す旅

ピックアップ

美容・ビューティー ランキング

10月18日 ( 水 ) にアクセスが多かった記事はこちら!