板野 涙でAKB卒業 誤解生むクールキャラを大島「心配」

2013年8月27日更新 view: 396 view

AKB48の板野友美(22)が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。ステージにはチームKメンバーのほか、苦楽を共にした同じ1期生の高橋みなみ(22)、小嶋陽菜(25)、峯岸みなみ(20)も駆け付けた。チームKキャプテンの大島優子(24)が「卒業したら1人だから、どうやって(ともちんの)良さを伝えていくのか、心配」と話すと、大粒の涙を流した。

 大島は「ともちんが笑ってるとすごく頑張れました。多分(私とは)対照的だとは思うけど、ダンスも見せ方もすごく上手だし、カリスマ性があるし…」と板野にあこがれていたことを告白。クールで冷たい印象を与えて誤解を生むこともあるが、実は仲間思い。そんな板野について「素直に思ったことを口にするから、最初はこわい人かな、と思ったけど、中味を知っていくと違って…」と話し始めると、板野は涙、涙。

 卒業後は、そんな誤解を生みがちな板野の本質を伝えるメンバーがいなくなることに、大島は「卒業したら1人だから、どうやって自分の良さを伝えていくのか、ちょっと心配。(板野の)中身をもっと知ってほしい」と心配すると、板野は恥ずかしそうに微笑んだ。

 卒業公演には、TBS系「火曜曲!」が密着。「何回も(これまでにも)やめようと思った時期があった」という板野は、MCを務める中居正広に「そもそも、なぜ卒業しようと思ったの?」とストレートに質問されると、「(新しいメンバーと)入れ替わらなきゃという思う気持ちがあった。総選挙ですごい順位下がったりすると、自分の居場所ってもうないのかな、って。そもそもソロになりたいって夢があるから」と総選挙がプレッシャーになっていたことを明かした。

 総選挙は2009年7月に第1回開催。板野は7位→4位→8位→8位→11位の順位だった。

 またAKBグループを統率する役目を背負う高橋は、「(篠田)麻里子様がいなくなってまだ1カ月弱なんですけど、よく分かんないんです。やめたというのも…。短いスパンで(みんなが)いなくなっちゃうし、ちょっとついていけないですね…」と涙をボロボロと流していた。

 板野は14歳でAKB入りし、05年12月にオープンしたAKB48劇場で、前田敦子(昨年8月卒業)らとともにステージに立った。板野の卒業後は、1期生で残るのは高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみの3人だけになる。

 【板野友美ヒストリー】

 ▼05年12月8日 AKB48劇場がオープンし、1期生として出演

 ▼08年9月 ファッション誌「Cawaii」でモデルデビュー。イトーヨーカドーで初のソロCM出演

 ▼09年4月 初の写真集「T.O.M.O.rrow」を発売

 ▼09年7月 「第1回選抜総選挙」で7位

 ▼09年12月 AKB48が単独でNHK紅白に初出場

 ▼10年6月 「第2回選抜総選挙」で4位

 ▼11年1月 シングル「Dear J」でソロデビュー(※AKB48メンバーとして初めて)

 ▼11年6月 「第3回選抜総選挙」で8位

 ▼12年6月 「第4回選抜総選挙」で8位

 ▼12年12月 CM起用社数21社で、篠田麻里子を抑えCM女王に

 ▼13年2月 ドキュメンタリー映画の初日舞台あいさつで「年内卒業」を発表

 ▼13年6月 「第5回選抜総選挙」で11位
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130827-00000053-dal

スポンサードリンク

みんなの反応

おつかれ。まあソロじゃ難しいだろね。

チャングンソクにしかみえない。

Mステで昔の顔みてびっくりした。詐欺だよ。

可愛くて好き。でも歌は微妙。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

主婦って何?なんか知りすぎて怖い、、、

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

1月23日 ( 木 ) にアクセスが多かった記事はこちら!