育メンパパ同士で語ろう「多くのパパ友ができて良かった」

2013年8月29日更新 view: 154 view

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130828-00000024-minkei-l13

子育ての中で必要な知識や技術を学びながら、地域でのコミュニケーションを深めることで子育てを楽しんでいこうという同講座。対象は子育て中の父親またはこれから父親になる男性で、今年で3年目。昨年までの受講者からは、「いろいろな職種、近い年代の人と話せて良かった」「同じ子どもを持つ方たちの悩みや工夫が聞けて参考になった」「多くのパパ友ができて良かった」などの声が寄せられているという。

立川市女性総合センター・アイム(立川市曙町2)で9月から来年3月にかけて、「イクメン講座☆パパ同士で語ろう~パパトーク!」と題した連続講座が開講される。立川市生涯学習推進センター、同市男女平等参画課、子育て推進課、子ども家庭支援センターの共催。(立川経済新聞)

スポンサードリンク

第1回(9月11日)は「整理術×子育て」をテーマに、インテリアコーディネーターでNPO法人「tadaima!」(国分寺市西恋ヶ窪3)代表の三木智有さんが家庭でも仕事でも生かせる整理術を伝授。第2回(10月9日)・第3回(11月13日)では「コーチング×子育て」をテーマに、子育てコ ーチングくらぶ「ダブルス」の中原香苗さんによる講義を予定する。第4回以降も月1回、第2水曜日に開講する予定。

 「おすすめは講義の後に行われる『トークタイム』。パパ同士で子育てに関する悩みや喜びを話しながら情報共有していただける。現役パパであるファシリテーターが、受講者の皆さんの緊張をほぐし、楽しく対話できるようサポートする」と同センター生涯学習係長の柳沢さん。

開講時間19時30分~21時。受講無料。定員は各回15人(申し込み順)。各回のテーマや申し込み方法はホームページで確認できる。1回のみの参加も可能。保育あり(1歳以上学齢前、予約制、おやつ持参)。

立川の映画館で「赤ちゃん連れで楽しむ上映会」-泣いてもお互いさま(立川経済新聞)

http://tachikawa.keizai.biz/headline/1074/

開催は5回目。立川市の子育て支援グループ「子育て・いれかわりたちかわり実行委員会」の企画を地元の映画館である立川シネマシティと立川市子育て推進課が全面的にバックアップする。今回は0歳~3歳の乳幼児の子育てをしている現役ママ12人もメンバーとして参加している。

今回上映するのは、10月29日公開の三谷幸喜さんの最新作「ステキな金縛り」。同作は法廷サスペンスやファンタジーの要素も盛り込んだオリジナル長編コメディー。主演は深津絵里さんと西田敏行さん。共演に竹内結子さん、浅野忠信さん、篠原涼子さん、佐藤浩市さんら豪華キャストが集う。 

 「これまでは赤ちゃんのことを考えてあまり長くない作品を選んでいたが、今回は2時間20分の長編。ただ、この作品はママたちの間でもぜひ見たいという意見が多く、参加者みんなで2時間超えの作品に挑戦することにした」と同館広報担当の古川さん。当日は、随所に乳幼児やママに配慮した工夫も施す。「劇場内は通常よりも明るめの照明、大きすぎない音量、優しい空調で迎え、ロビーには特設のおむつ換えコーナー、授乳のためのスペースなどを設ける」という。困った時のためにサポートスタッフ数人も待機させる。

 参加メンバーの一人は「当日会場にいるのは、同じ立場のママやパパだけ。上映中に泣いても『お互いさま』という精神があふれる会場なので、安心して映画を観賞できる。日頃子育てを頑張っているママやパパがリフレッシュして、楽しい子育てに励んでいただき、子どもとの思い出づくりにもつながれば」と話す。

 開映9時50分、終了12時30分(予定)。対象は昨年4月2日以降出生の乳幼児と保護者。定員150人(全席自由)。チケットは1,000円。立川市子育て推進課窓口のほか子ども家庭支援センター(旧簡易裁判所)で販売している。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

パプリカ

体のケアや心のケアまとめーたー 9月:8位 パプリカ ノーマルライター 総記事数: 312 ( 22524 unique)=80円でした(*^_^*;) 自分磨きと心理学|インナーチャイルドを癒す旅

ピックアップ

育児・教育 ランキング

4月28日 ( 金 ) にアクセスが多かった記事はこちら!