ホンダ「Sh mode」 「曲面と曲線」で軽快125ccスクーター 

2013年9月16日更新 view: 25 view

ホンダは2013年9月13日、水冷・4ストローク125ccエンジンを搭載したスクーター「Sh mode」を発売した。
メーカー希望小売価格は、29万9250円。

フロントに「16インチホイール」装備

photoBy: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/SIG=12kfrjmed/EXP=…
photoBy: http://www.honda.co.jp/Shmode/equipment/img/pic-m…

ボディーの面構成は、張りのある曲面と曲線によるラウンドシェイプを基調とし、新設計の前・後アルミキャストホイールにより、軽快なイメージを出した。フロント回りには、V字型のクロームオーナメントと一体化したウインカーレンズを取り入れたほか、リア回りは、コンパクトでクリア感のあるテールレンズにより、スタイリッシュさを演出した。

エンジンは、水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccの「eSP」を搭載。低フリクション技術やアイドリングストップシステムなどを備える。車体にはフロントに16インチ、リアに14インチのアルミキャストホイールを装備し、シート下には容量18リットルのスペースを確保した。

カラーは、ツートーンを基調としたパールイージーシープゴールド、パールジャスミンホワイトと、ブラックで統一したポセイドンブラックメタリックの3種類。<モノウォッチ>

スポンサードリンク

Design

張りのある曲面とゆるやかな曲線によるラウンドシェイプを基調としたフォルム。アクセサリーのような煌めきを放つクロームメッキパーツや、ブルーレンズを使用したポジションランプがボディーを彩ります。また、ダブルステッチを施したシートなどディテールまでクオリティー高く作り込むことで、凛とした佇まいと洗練されたスタイルを実現しています。

Performance

PGM-FI採用の水冷125cc〈eSP〉エンジンを搭載。燃費向上に貢献するだけでなく、停車時の騒音や排出ガスを抑制する「アイドリングストップ・システム」を採用。また、左のレバー(後輪ブレーキ)を握るだけで前輪にも適切な制動力を配分し、効率の良いブレーキングに貢献するHonda独自のブレーキシステム「コンビブレーキ」、16インチフロントホイールや使用状況の変化に合わせ5段階のプリロード調整が可能なリアクッションを採用し、安心感と快適性を高めました。

※「コンビブレーキ」はあくまでもブレーキ操作を補助するためのシステムであり、ブレーキングの基本は左右のブレーキレバー(前・後輪ブレーキ)を同時に操作することです。

photoBy: http://www.honda.co.jp/Shmode/equipment/img/pct-e…

Utility

バッグなどがかけられる折りたたみ式フックをレッグシールドに採用。シート下にはヘルメットが収納できる18L*のスペースを確保。メーターパネル上部のインジケーターに、オド/トリップメーターや時計表示機能を集約しました。そのほか、サイドスタンドや盗難抑止に効果のあるシャッター付キーシリンダーなどを採用しています。*Honda測定値。

※シート下収納スペースには、熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、ヘルメットの形状・大きさによっては入らない場合があります。ご購入の際には、必ずご確認ください。

スポンサードリンク

関連記事

関連カテゴリ

にゃんちゃん

とりあえず宜しくです。

ピックアップ

趣味・娯楽 ランキング

8月18日 ( 土 ) にアクセスが多かった記事はこちら!